離婚しても変わらないもの。別れた奥さんの誕生日を祝い続けるワケ

パートナーや家族への愛に溢れる、結婚生活。本当は苦に感じることだって、家族だからこそ耐えられることもありますよね。では、お互いの価値観が合わずに離婚してしまったパートナーに対してはどうでしょうか?もちろん、その理由や経緯はさまざまでしょうが、法律上では他人同士。

そんななか、ある男性のエピソードが話題になっています。そこに書かれている、本当の家族愛とは?

元妻の誕生日。
その日のことを投稿したら…

今日は元妻の誕生日だ。早起きをして誕生日カードと花束、それからプレゼントを持って彼女の家に向かった。子どもたちにプレゼントをあげて、彼女と一緒に朝ごはんを作った…そんな一日だった。よく「なぜ離婚した彼女のためにいつもそんなことをしているの?」と聞かれるけど、この質問にはいつも首をかしげているんだ。

僕には2人の息子がいる。私が母親とどうやって接しているか、ということは今後彼らが女性とどのように接していくか…人間関係の築き方にだって影響を与えるだろう。僕たちは離婚しているからこそ、その責任はより一層感じている。もし、あなたの人間関係の築き方や相手に対する振る舞い方に問題があったら、子どもはそれをお手本にしてしまうかもしれない。

優しい男性に育ててほしい。強い女性に育ててほしい。世界中がこんな想いを必要としてほしい。今までよりも、もっともっと…。

家族を思いやった行動に
共感の声が

別れた奥さんだけではなく、子どもの将来に思いを馳せた彼の行動に、世界中から共感の声が集まりました。

「自分も元パートナーにこんな思いやりのある行動をとりたい」
「自分が受けた扱いとはまったく違うから、その優しさがより伝わるよ」

別れたパートナーに対して、それまでと同じように接する、というのはなかなか難しいことかもしれません。相手の理解がなければ一方的な独りよがりになってしまうことも…。でも、だからこそ彼が取った行動のような、それぞれの「家族愛」に温かみを感じられるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Billy Flynn
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
サウジアラビアでは、男性側に離婚の意思があり手続きを済ませれば離婚が成立。そのため、女性側は離婚に気づかないケースも。この状況を改善しようと、男性側が離婚...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
どれだけ自信があったとしても、実際にやってみるまではどう転ぶかわからないもの。仕事や勉強、スポーツ…そして結婚だってそうです。ここでは、さまざまな事情で離...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
脳は、"最も有益な情報"を伝達するために働いている。日々新たな情報が入ってくるなかで、物忘れをするということは、質の高い情報を残すための脳の機能とも言える...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
「ローランド」が開発した「TAIKO-1」は、叩く強さや位置で音色を変化させ、さらには異なる種類の太鼓や拍子木、ほかの楽器の音まで奏でる電子和太鼓。
多くの日本人にとって、誕生日会は楽しいだけのもの。そもそも大人になってから「とくに祝ってもいない」という人もいると思います。しかし、アメリカ人にとってのバ...
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
Happy Birthday to you〜♪Happy Birthday to you〜♪Happy Birthday dear my home〜♪Ha...
「FamilyShare」の記事では、奥さんのことが大好きな旦那さんがとる、8つの行動が紹介されています。ライターのTiffany Fletcherさんの...
「東京メトロ」と「富士ゼロックス」が共同開発した個室型のワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」が、2月20日より、明治神宮駅、溜池山王駅、池袋駅...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
61歳の女性Cecile Eledgeさん。彼女には同性のパートナーを持つ息子がいて、息子夫婦は子どもを望んでいました。これを聞いたCecileさんは、養...
結婚とは、一生を共に過ごす人を選ぶこと。だけど相手をひとりに絞ることが必ずしも「正しい」ことなのでしょうか?22歳にして当時のパートナーとの結婚に踏み切っ...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...