花嫁が持つ「ブーケ」の意味とは?

きっと多くの新婦さんが、結婚式ではどんなドレスにどんなブーケを持とうか考えてきたことだろう。

でも、"なぜ"ブーケを持つのかを知っている人は少ないのでは?

その歴史を調べると、じつはただかわいい飾りというだけではないみたい。

ブーケの発祥は古代ローマ時代だといわれている。当時からお花を使うウェディングは人気だった。というのも、お花は「新たな始まり」「忠誠心」「子孫繁栄」のシンボルであるからだとか。

その後、中世になると、お花よりハーブが用いられるように。とくに悪霊や不幸を退散させるとして、セリ科のディルにんにくが人気だったという。匂いはキツそうだけど、時代背景を考えると、それほどまでに相手を守りたかったのかもしれない……。

また、ヴィクトリア朝時代になると、愛を表現する方法としてお花をプレゼントするのが流行。”愛”というテーマがウェディングとマッチしたため、徐々にまたブーケにお花が用いられるようになったという。なんとも素敵なストーリーだ。

ちなみに、一時期ネットでは、15世紀の女性は年に一度しかお風呂に入れなかったから、いい匂いにするためにお花のブーケを持っていたという、これまでのロマンチックな話を脅かす説があったらしい……。

これはファクトチェックをするサイト「Snopes」がまったくのウソであると証明してくれたので、どうかご安心を。

Top image: © iStock.com/SvetaY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
オーストラリア・シドニーで結婚式をあげたPaige Kirkさん。親友のブライズメイズたちへのサプライズも込めて、持ってた花のブーケの代わりにドーナッツが...
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
1990年前後に生まれたミレニアルズ陶芸家3人によるグループ展「仮想世代陶芸 Virtual generation pottery」
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...