結婚式の2日前に、亡くなった「夫の思い出」が蘇ったおばあちゃん

Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。

故郷にある30店舗以上のドレスショップを探したけれど、納得できるウェディングドレスは一着もなかったそう。でも、そのことにより、愛する祖母へのプレゼントをひらめいたのだった。

亡くなったおじいちゃんの
愛する「2人の花嫁」

Jordynが選んだのは、74歳のおばあちゃんが49歳の若さでこの世を去ったおじいちゃんとの結婚式の時に着ていたウェディングドレス。

結婚30周年を祝う数ヶ月前に病気により亡くなってしまったおじいちゃん。生前は家族を愛し、大切にする頼りになる男性だったそう。どんなことでも努力して助け合う2人は、子どもたちから見ても、夫婦としての良い見本であったと言う。

今年の9月23日に結婚式を挙げたJordynだけど、実はおばあちゃんにお披露目したのは挙式の2日前。それには特別な理由がある。

大勢の前で思い出のドレスでサプライズするのではなく、おばあちゃんだけの特別な日にしたかった。

孫娘の思わぬ姿を見て、おばあちゃんは驚きのあまり、初めは声を出すこともできなかったそう。その時、唯一発したのは、「1962年!わー!」という言葉。きっと、1962年に結婚した時のことが、頭の中で駆け巡って出た言葉なのだろう。

少ししてから彼女はJordynを抱きしめながら、こう告げた。

このドレスを着て、高校生の頃からずっと愛していた人と結婚したの…。あなたと同じよ。

おばあちゃんからの言葉に胸が熱くなったJordyn。実は、祖父母と同じように彼女も中学2年生の時からずっと付き合っていた彼とゴールインしたのだった。

祖母のためのサプライズだったけれど、私にとっても一生の思い出になりました。祖父母の“愛の歴史”、それに自分たちのこれからを、ずっとこの先も繋いでいきたい。

そう彼女は語っている。おばあちゃんから孫に引き継がれたのは、ヴィンテージのドレスだけじゃなかった。

Licensed material used with permission by Kortney Peterson, Jordyn Jensen,

関連する記事

一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
「星野リゾート」と「CRAYZY WEDDING」が共同で提案するプラン「IWAI旅」は、結婚式をおこなわない”ナシ婚派”のあなたにオススメしたい、新しい...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。
欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
ずっと忘れたくない、そんな恋をしていたひとに。
ブライダル業界最大手の「テイクアンドギヴ・ニーズ」が、新たなウェディングプラン「Social Distance Wedding Plan」を発表した。
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
多様な結婚式に参列するにあたり「何を着たらいいのかわからない」と悩む女性たちへ向けたオンラインサービス「BEAMS SALON(ビームス サロン)」が今週...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
花嫁はなぜブーケを持つのか?時代を経て意味は変わりつつも、相手を想う気持ちは変わらない。
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
160人のゲストを招いて教会でおこなう予定だったアメリカ・ミシガン州に住むあるカップルの結婚式は、新型コロナウイルスの影響で大規模な開催が不可能に。しかし...