「痩せたほうがいい」を一蹴し、自分のしあわせを手に入れた花嫁。

大好きな人との結婚は、多くの女性が夢見ること。式を挙げる日が決まれば、「どんなドレスを着よう」「演出はどうしよう」という“幸せな悩み”で頭がいっぱいになるだろう。

知人や友人の話を聞いていると、結婚式の記念撮影に向けて痩せようと努力する女性が多いと感じる。自分もいずれそう思うのかもしれない。が、幸せの最中「痩せなきゃ」とストレスを感じるとしたら「それは本当に必要なこと?」と疑問を感じてしまう。

もしもあなたがそうだとしたら、Cassie Youngさんが少し強さを分けてくれるかもしれない。

「痩せる手助け」を申し出た
トレーナーを一蹴

恋人と婚約したばかりのCassie Youngさんの元へ、Twitterを通じてパーソナルトレーナーを名乗る男性からあるオファーが届いた。

「1時間75ドルで、結婚式までに痩せるための手助けをします」

突然の申し出にCassieさんは「オファーしてくださりありがとう。でも大丈夫です」と丁重に断った。が、「結婚式の写真は一生残るし、子どもや孫も見ることになる。ベストな状態で写った方がいい」と、念押しするような返信が。

無視をする、面倒くさいから適当にあしらう、様々な選択があったかもしれないけれど、Cassieさんはあえてこの男性と向き合うことを決意。

「愛する男性と結婚するのだから、私は式の当日でも幸せいっぱいに見えると思います。今までも太っているということで、嫌な思いをたくさんしてきました。(中略)今後は、自分の体型のことは気にせず周囲が見てもわかるほど人生を楽しむつもりですよ」

幸せな瞬間は
いつまでも輝いて見える

その後ドロ沼化した2人の会話だが、「自分の価値は自分で決めるものだと思うのです」とCassieさんがFacebookで訴えたところ、数多くのコメントが寄せられた。中には、「9年前の結婚式で私は太っていたけれど、今振り返っても写真の中の自分は綺麗で幸せそうよ」というメッセージも。

一連のやりとりは、数々のメディアにも取り上げられた。

「多くの女性は結婚式に向けて『痩せなきゃ』と体重を落とすけれど、パートナーはあなたを選んでくれたのだから」、こう強調するCassieさんは、確かにこの上なく幸せそう。恋人と培った幸せはもちろんのこと、ブレない強さも、彼女の表情が自信に満ち溢れている理由に違いないだろう。

「お腹の大きさに悩むほど、人生は長くない。だからこそハッピーでいたいの」

Licensed material used with permission by Cassie Young

関連する記事

会場のドアが開き、花嫁が教会のバージンロードをゆっくりと歩き始める。この結婚式の日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。父と一緒に教会の通路を歩く姿は、派手...
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
花嫁はなぜブーケを持つのか?時代を経て意味は変わりつつも、相手を想う気持ちは変わらない。
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
新しい形の無人店舗が、コロナ禍であらためて注目されている。東京の「無人店舗」をピックアップ!
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
花束を手にするだけで、自然と笑みがこぼれてしまうのはなぜだろう。花はいのちある生き物だから、ひだまりのように、ぽかぽかとあたたかい気持ちになるのだ。では、...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
「これさえやっておけば、一生しあわせでいられる」。そんな方法があれば苦労しないのに…と悩んでネガティブになってる間に、またひとつしあわせを見落としているか...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
ニューヨークのリプリーにある教会でJoshua NewvilleさんとEmily Leehanさんの結婚式が行われました。幸せな雰囲気のなか、順調に式は進...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
オーストラリア・シドニーで結婚式をあげたPaige Kirkさん。親友のブライズメイズたちへのサプライズも込めて、持ってた花のブーケの代わりにドーナッツが...
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
自信が簡単に手に入れられるのであれば、手に入れたい。けれど、いろんな人に自信の話をしていく中で、男性と女性には自信について差があるように感じてきた。という...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
米・女性ブロガーのStephanie Haymanさんが綴った「25歳になる前に結婚しないほうがいい25の理由」という記事は、約2年前に書かれたにも関わら...