花より団子な「マネーブーケ」インドネシアで人気急上昇

愛情や感謝を伝える最良のツールのひとつが花束。だが、お金ほどに愛や感謝が伝わるかといえば……。

今、インドネシアの富裕層を中心にトレンドとなりつつあるのが「money bouquet(マネーブーケ)」だ。これは読んで字のごとく、紙幣で作った花束。これまで家族間での誕生日プレゼントとして贈られることはあったそうだが、近年は友人同士で卒業祝いや出産祝いとしても人気なんだとか。

赤、青、黄、緑、紫、茶、ピンク、たしかにルピア紙幣は他国のお金と比較してもカラーバリエーション豊か。花紙幣にもってこいなのかもしれない。

そういえば、韓国にもマネーブーケ「トンコッタバル」があるが、アジア各国の寺院を巡ると折り紙のように精巧に紙幣で形作った供え物を目にすることがある。供え物として、贈りものとして、お金にひと工夫を加える風習は今に始まったことではないのかも。

「まさか」と検索してみたら、日本でも誕生日用の花束に紙幣を巻いてくれるフラワーショップもあるみたい。

それにつけても、風流より実というのか、まさしく「花より団子」なプレゼント。そりゃ嬉しいに決まってる。でも、もらう側の反応も困りものだろうなぁ。

© dflorist_medan / Instagram

© dflorist_medan / Instagram

© ilovebouquet.id / Instagram

Top image: © staras/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

花嫁はなぜブーケを持つのか?時代を経て意味は変わりつつも、相手を想う気持ちは変わらない。
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
オーストラリア・シドニーで結婚式をあげたPaige Kirkさん。親友のブライズメイズたちへのサプライズも込めて、持ってた花のブーケの代わりにドーナッツが...
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...