デンマークから現金がなくなる!?世界中が注目するその戦略とは?

キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとしている模様。

現金がなくなる?

85singo_shutterstock_255180301

デジタルニュースに特化したアメリカのメディア「QUARTZ」によれば、デンマーク政府は、財務省が推進する経済成長施策のひとつとして「現金清算の義務」を一部で廃止すると発表したとのこと。
もともと同国では、クレジットカードやデビットカードでの支払いが一般的。国全体を電子マネー決済にシフトしていくことは自然な流れであると同時に、スキミングなどのリスクを懸念する声も挙がっているようです。

85singo_shutterstock_273620774

同国最大の銀行「Danske Bank」では、対応策としてインターネット上の国民ID「NemID」を決済データにリンクさせることでで、対応を検討しています。

たしかにリスクがあるのは事実ですが、このまま電子マネー決済が進めば、早ければ2016年の1月には、キャッシュレスのガソリンスタンドやレストランが現れることになります。

キャッシュレス先進国
スウェーデンでは?

85singo_shutterstock_225428365

一方、世界で最もキャッシュレス化が進んでいるとされるスウェーデンでは、すでにスキミングなどの詐欺の件数が大幅に増加しているとのこと。
電子マネーの普及には、セキュリティの強化が大きな課題となることを示唆しています。

北欧のこれらの事例と比べると、日本では、まだまだ電子マネーはこれからといったところ。大手スーパーマーケットなどではともかく、クレジットカードすら導入していないお店も珍しくないのが現状です。

今後、世界的に電子マネーがさらに普及していくかどうかはまだわかりません。しかし、商取引の効率化を考える上で、電子マネーへの期待が高まっていくことは明白。日本の一歩先を進む、北欧諸国には、注目したいところです。

Reference:REUTERS , QUARTZ

 

「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
今年も国連の世界幸福度報告書による「世界で最も幸せな国ランキング」が発表されました。このランキングは、2012年から毎年リリースされているもので、世界全体...