デンマークから現金がなくなる!?世界中が注目するその戦略とは?

キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとしている模様。

現金がなくなる?

85singo_shutterstock_255180301

デジタルニュースに特化したアメリカのメディア「QUARTZ」によれば、デンマーク政府は、財務省が推進する経済成長施策のひとつとして「現金清算の義務」を一部で廃止すると発表したとのこと。
もともと同国では、クレジットカードやデビットカードでの支払いが一般的。国全体を電子マネー決済にシフトしていくことは自然な流れであると同時に、スキミングなどのリスクを懸念する声も挙がっているようです。

85singo_shutterstock_273620774

同国最大の銀行「Danske Bank」では、対応策としてインターネット上の国民ID「NemID」を決済データにリンクさせることでで、対応を検討しています。

たしかにリスクがあるのは事実ですが、このまま電子マネー決済が進めば、早ければ2016年の1月には、キャッシュレスのガソリンスタンドやレストランが現れることになります。

キャッシュレス先進国
スウェーデンでは?

85singo_shutterstock_225428365

一方、世界で最もキャッシュレス化が進んでいるとされるスウェーデンでは、すでにスキミングなどの詐欺の件数が大幅に増加しているとのこと。
電子マネーの普及には、セキュリティの強化が大きな課題となることを示唆しています。

北欧のこれらの事例と比べると、日本では、まだまだ電子マネーはこれからといったところ。大手スーパーマーケットなどではともかく、クレジットカードすら導入していないお店も珍しくないのが現状です。

今後、世界的に電子マネーがさらに普及していくかどうかはまだわかりません。しかし、商取引の効率化を考える上で、電子マネーへの期待が高まっていくことは明白。日本の一歩先を進む、北欧諸国には、注目したいところです。

Reference:REUTERS , QUARTZ

 

海外旅行で余った外貨を電子マネーにカンタンに両替できるサービス「Pocket Change」がついに提供開始。タイトーステーション浅草店と、イトーヨーカド...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
世界中で大ヒットとなった名作映画『タイタニック』。映画の題材となったタイタニック号は、今も海底で眠っている。そんなタイタニック号を市民科学者として調査&探...
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
インドネシアの富裕層の間で、花束に紙幣を混ぜたり、お札で花をかたどった「Money Bouquet」が人気急上昇。
デンマークを拠点とする非営利団体「GreenKayak」が提供するアクティビティ。内容は、運河や川に落ちているゴミをカヤックを漕ぎながら拾うというもの。
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
11月12日、「YouTube」が2020年の「YouTube Rewind」の公開を中止すると発表した。これはその1年で話題となった動画を中心に構成され...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
デンマーク政府がインフルエンサーのコンテンツを規制する方針を明らかにしたと報じられた。同国の児童・教育省は、インフルエンサーに対し、従来のメディア同様に“...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...