この薄さで小銭が入る「マネークリップ ウォレット」。

1年ほど前。スーツ着用時でもポケットに収納できる財布を探していて、出会ったのが〈meanswhile(ミーンズワイル)〉のマネークリップ ウォレットです。

いわゆる2つ折りのショートウォレット。見ての通り、財布自体は約1cmという薄さです。

スーツのポケットはもちろんのこと、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクトになっています。

薄い財布と言ってもいろいろあると思いますが、マネークリップ ウォレットは、片側が開いて小銭まで収納できます(写真下参照)。僕は札やカードと小銭を分けて持ちたくないので、これはうれしい仕様です。

また、クリップでピタッと札を留められるようにもなっています。固定されていることで、必要な枚数だけサッと取り出すことができます。

ギミック満載ですが、それでいて革がコードバンというのが最大のポイントかもしれません。そもそも僕はスーツに合わせる財布を探していました。「薄い」と同じぐらい「上質である」ことも重要です。

「身体の動作に馴染む」をコンセプトにしている〈meanswhile〉ならではの機構。それをシンプルに落とし込むデザインに惚れました。

ON/OFF問わず使っていますが、手に馴染んできました。

本当に重宝しています。

87f2640e3bb4e694b59f9cda207deaabc142cab88155ad397718c2e039fed4dce6406f231b6135105c7f66de580dfc528f1140fd0b20171a3a7cc7a5Cd4ca27d75151a06c64bc2a2b15cd27cdc824c88

小林周平/イラストレーター・グラフィックデザイナー
美術大学を卒業後、点々と。2015年よりフリーランスで活動を開始。ピザが好き(亀有の「JUN'S PIZZA」のブランディングとかやってます)。現在はグラフィックデザインの傍ら、TABI LABOでイラストレーターとしても活動中です。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
〈ALLETT(アレット)〉のナイロンウォレットは、Made in USAのハンドメイド。素材が薄くて軽い、カードが24枚収納できるなど、機能面に加えて、...
ニューヨークの街で年間1億8,000個も使用されているというコーヒーの紙コップをモチーフにしたウォレット。
なるべくコンパクトで、でも紙幣もカードも小銭も十分収納できて、中身が取り出しやすくて、防犯対策もバッチリで…。「そんな財布をみんな探しているけど、中々ない...
クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多い...
シャキーム・グリフィンは今年シアトル・シーホークスからドラフト指名を受け、4月にNFL入りを果たしました。
2年ほど前に手に入れた、クシ型のクリップです。物をなくしがちな私が、唯一なくさないものです。世田谷の『D&DEPARTMENT』で買いました。3本セットで...
手元に置いておきたくなる、持ち歩きたくなる、靴べらなしでスポッと履けちゃう靴にも使いたくなる。
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
財布が小さく、薄くなっていくなかで、難しくなるのがカード類や領収書の整理だ。電子マネーだなんだと言ったところで、コチラは一向に減らない。個人的には増えてい...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...