わずか12gの財布に、世界から熱視線が

クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多いが、ボタンを閉めようものならキツく感じるだけでなく、シルエット崩れにもつながりかねない。

そこでこの「Decadent Minimalist」の出番。ミニマリスト、なんてワードが入っている通り、あなたの生活をシンプルなものに変えてくれる財布だ。

米国「Kickstarter」で
7,000万円の調達に成功

カードや現金で丸まると太った財布が、同じ内容でもこんなに薄く、軽くなる。

ホルダーの種類によってさまざまだが、収納可能なカードは最大12枚。それに、マネークリップを取り付ける仕組み。重さわずか12g。

ただシンプルなだけで、使い勝手が悪いのであれば問題外。でも、この通りスライドするだけで目的のカードを探し出せるのが嬉しい。お目当ての一枚を抜き取るために、一旦すべてのカードを取り出す必要はない。

スーツスタイルだけでなく、ランナーやサイクリストにもオススメ。

開発はスタンフォード大学

実は「Decadent Minimalist」は、あのスタンフォード大学の研究室から生まれたプロダクト。アルミの鋳物や金型で作ったものでは、適切な強度を出すことができないため、アルミブロックの塊から1つずつ削りだして製作する。

本プロダクトは、クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて購入可能。現時点での価格は6,980円から。ちなみに、世界最大のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、7,000万円以上の資金調達に成功したのだとか。

Licensed material used with permission by Makuake
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
世界中の人々(特に男性)から多くの共感を集めるインスタアカウント「miserable_men」。妻や恋人のためにショッピングに付き合う男性たちが待ちぼうけ...
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
なるべくコンパクトで、でも紙幣もカードも小銭も十分収納できて、中身が取り出しやすくて、防犯対策もバッチリで…。「そんな財布をみんな探しているけど、中々ない...
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
「Kickstarter」でクラウドファンディングを開始してから、たかだか1日半で目標金額の10倍の調達に成功。これまでに多くのアイテムを記事化してきまし...
私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
あなたは「段ボール」にどんなイメージを持っているだろうか?丈夫で使い勝手が良いと考える人もいれば、道端に捨ててある光景から、「不潔なもの」「ゴミ」という印...
「Makuake」でファンディングに成功した製品が並ぶMakuakeストア。ファンディング期間を待つことなく、今すぐ手元に届くモノばかり!