わずか12gの財布に、世界から熱視線が

クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多いが、ボタンを閉めようものならキツく感じるだけでなく、シルエット崩れにもつながりかねない。

そこでこの「Decadent Minimalist」の出番。ミニマリスト、なんてワードが入っている通り、あなたの生活をシンプルなものに変えてくれる財布だ。

米国「Kickstarter」で
7,000万円の調達に成功

カードや現金で丸まると太った財布が、同じ内容でもこんなに薄く、軽くなる。

ホルダーの種類によってさまざまだが、収納可能なカードは最大12枚。それに、マネークリップを取り付ける仕組み。重さわずか12g。

ただシンプルなだけで、使い勝手が悪いのであれば問題外。でも、この通りスライドするだけで目的のカードを探し出せるのが嬉しい。お目当ての一枚を抜き取るために、一旦すべてのカードを取り出す必要はない。

スーツスタイルだけでなく、ランナーやサイクリストにもオススメ。

開発はスタンフォード大学

実は「Decadent Minimalist」は、あのスタンフォード大学の研究室から生まれたプロダクト。アルミの鋳物や金型で作ったものでは、適切な強度を出すことができないため、アルミブロックの塊から1つずつ削りだして製作する。

本プロダクトは、クラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて購入可能。現時点での価格は6,980円から。ちなみに、世界最大のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」では、7,000万円以上の資金調達に成功したのだとか。

Licensed material used with permission by Makuake

関連する記事

〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
紛失防止タグ(MAMORIO)を内蔵した「petit4」。万が一、どこかに置き忘れてしまっても、スマホからアプリにアクセスすれば、いつ、どこで財布を置き忘...
キャッシュレス化の進行とともに、お財布もコンパクトに。そんな今人気を集めているミニ財布をご紹介。こだわりの詰まったミニ財布を集めたので是非参考に。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。

人気の記事

渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...