ミニマリストにおすすめの「ミニ財布」7選

ポケットに入れもかさばらず、サコッシュやクラッチバッグといった小さいバッグにも余裕で入る「ミニ財布」が欲しい____。でも、ミニサイズだからって収納力にも、使いやすさにも、見た目にだって妥協したくない!

そんな人のために小さいだけじゃない、「こだわり」の詰まった財布をご紹介。しっくりくるミニ財布にまだ出会えていないという人はぜひチェックを。

TABI LABOオススメのミニ財布7選

有名ブランドではない、知る人ぞ知るブランドのこだわりのミニ財布を集めてみた。

01. MINIMALIGHTの「PLAY WALLET」

PLAY WALLETPLAY WALLET

MINIMALIGHT(ミニマライト)の「PLAY WALLET」は若干の厚みはあるものの、大きさ自体は小さく、使いやすさは抜群。三つ折り構造で、コインポケットにマチがあるため、取り出しやすく、札は折りたたまずに収納可能なのだ。

カード収納枚数は財布の生地によっては異なるが、5〜10枚収納可能と、キャッシュレス時代には十分な収納力。デザインもブランドを主張しすぎないシンプルなもので万人受けしそうだ。バリエーションも豊かなので、お気に入りのものをチョイスしてほしい。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://minimalight.thebase.in/
【販売価格】13200円(税込)

02. abrAsusの「薄い財布」

abrAsusの「薄い財布」abrAsusの「薄い財布」

この財布の最大の特徴は、みての通りその薄さ。にもかかわらず、機能面も損なわないのがすごいところ。999円分の小銭を収納できるという。キャッシュレス化が進み現金を使わなくなったといっても、まだまだキャッシュオンリーのお店も多い。お釣りの小銭のやり場に困るなんてこともこの財布なら起こらない。スタイリッシュなデザインながら、使いやすさまで叶えてくれるアイテムだ。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://superclassic.jp/?pid=16355432
【販売価格】14950円(税込)

03. Bellroyの「Note Sleeve」

Bellroyの「Note Sleeve」

オーストラリア生まれのブランド「Bellroy」の財布は、なんとポケットに入れたのを忘れてしまうほど薄いという。現在カードケースを含め10種類のアイテムが販売中。さらにそれぞれ2〜9色のカラーバリエーションを取り揃えており、お好みのアイテムを選ぶことができる。特に人気な「Note Sleeve」はカードは11枚以上入るほか、小銭の収納も可能な万能財布。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://bellroy.com/collection/slim-your-wallet
【販売価格】12200円(税込)

04. KOALA-GEARの「DJIN」

KOALA-GEARの「DJIN」KOALA-GEARの「DJIN」

「そんな財布をみんな探しているけど、中々ない。だから『パーフェクトな財布』を作ろうと思ったんだ」という思いから生まれた、親指だけで開けることのできる財布。片手で開けると、カードやお札がトランプのように出てくる。また、フリスクのように開閉できる収納にはコインを収納できる。クリップ部分にはカードは最大10枚、紙幣は最大20枚まで、コインも10-15枚程度収納可能と変わっていながらも容量はバッチリな財布だ。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://www.koala-gear.com/collections/djin
【販売価格】9ドル(約942円)

05.  WATERの「SWALLET(スウォレット)」

WATERの「SWALLET(スウォレット)」

こちらは、ウェットスーツの素材を使ったカリフォルニアのサーファーたちに大人気の財布。筒の部分にカードやお札を入れ、ゴム製のバンドで止めるという非常にシンプルな作りをしている。サーフィンなど運動時は持ち物は少ないに越したことはない。そんなアウトドアシーンにもってこいのアイテムではないだろうか。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://item.rakuten.co.jp/water-tokyo/10000172/
【販売価格】1980円(税込)

06. Kosraeの「Large Clutch Wallet」

Kosraeの「Large Clutch Wallet」

この財布はバナナの皮でできたエコな財布。バナナの繊維を使って縄や織物を作るというミクロネシアの島々の伝統的な技術を使って作っているという。その手間を想像したら、愛着が湧いてしまうこと間違いなしだ。さらに、薄さ5ミリ、重さ12グラム非常にコンパクトで軽い。使えば使うほど味が出るという、持っていることが楽しくなってしまうポイントも。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://greenbananapaper.com/
【販売価格】65ドル(約6808円)

07. Eksterの「SENATE CARDHOLDER」

Eksterの「SENATE CARDHOLDER」
©2018 Ekster
©2018 Ekster

この財布のすごいところは「失くさない」というところ。「トラッカブル」という、紛失してしまっても追跡することができる機能がついている。Google AssistantやAmazon Alexaに呼びかけるだけで、財布から音がしてきて見つけることができるという。誰もが一度は願ったことのある機能なのではないだろうか。

もっと詳しく>>>

【販売サイト】https://ekster.com/
【販売価格】79ドル(約8274円)

財布をミニマルにするコツ

ミニ財布を持つ際には中身を減らしてミニマルにする必要がある。ここでは、あらためて確認しておきたいポイントたコツをご紹介。

01. レシートを貯めない

毎回のお買い物でもらうレシート。一枚一枚は薄い紙切れだが、毎回もらっているとかさばるもの。ミニ財布を使うとき、財布の中にレシートを溜め込むと、すぐにパンパンになってしまい、他の必要なものが収納できなくなってしまう。不要なレシートは受け取らないようにしたり、定期的にレシートを財布から抜く習慣をつけたりすることをオススメしたい。

02. ポイントカードをモバイル化する

ポイントカードは、ショップごとに発行され、一枚一枚が分厚く、財布がかさばる大きな要因になる。最近ではポイントカードをモバイル化しているショップなどもあるので、できるものは積極的にアプリへと移行していこう。スマホ内でモバイルポイントカードのフォルダを作ってまとめれば、買い物時にも慌てることなく出すことができるだろう。どうしてもポイントカードを持ち歩きたい際には、よく使うものだけを厳選して持ち歩くことが大切だ。

03. 小銭を減らす

小銭は財布がかさばるだけでなく、荷物が重くなる要因ともなる。小銭を持ち歩かないのが一番だが、まだまだキャッシュオンリーのショップも多く、そうはいかない。積極的に小銭を消費していくことオススメしたい。どうしてもめんどくさい方は、定期的に自宅で小銭を出し、貯金箱などに貯めていくのがオススメだ。

まとめ

ここまで、TABI LABOが厳選したこだわるの「ミニ財布」紹介してきたが、「これぞ!」というものは見つかっただろうか?

用途や使用シーンを具体的に想像しながら、自分にピッタリのミニ財布を探してただければと思う。

関連する記事

ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
紛失防止タグ(MAMORIO)を内蔵した「petit4」。万が一、どこかに置き忘れてしまっても、スマホからアプリにアクセスすれば、いつ、どこで財布を置き忘...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
外出のマストアイテムを一つにまとめて持ち運べる財布「スマフォレット」を紹介。
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
クレジットカード、免許証、交通系ICカードなどのカード類とレシートのみが入る特殊な財布が登場。キャッシュレス派にとってありがたい新たなスマート財布。
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
「Makuake」にて先行販売を実施中のミニマル財布「Wramer」は、キャッシュレス時代にぴったりのプロダクト。カードや紙幣が必要な分だけ収納でき、薄さ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
多くのサステイナブルなアイテムが登場した2020年。まだ何も取り入れていないという人に向け、比較的取り入れやすいおすすめのものを7つ紹介する。
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多い...
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。