カード決済がスマートにできる「ミニマルウォレット」

クレジットカードやポイントカードをシュッとスマートに取り出せる、ニューヨーク生まれのスマートウォレット「Vext Slim Wallet」が話題だ。

スマホの画面をスワイプするようなカンタン動作でカードを取り出し、スライドした状態でそのままカードリーダーに挿入が可能。

最大9枚のカードを収納でき、1、2枚のみカードが収められている状態でも、端を軽く圧迫する構造により中身が落ちる心配なく、安心して持ち歩くことができる。

Vext Slim Wallet カード ウォレット ミニマル財布
©Makuake
Vext Slim Wallet カード ウォレット ミニマル財布
©Makuake

素材は、軽さと丈夫さ、そして独特な幾何学模様が目を引くカーボンファイバー(ブラック)と、航空機などにも使われている最上級グレードのアルミニウム(ブラック、シルバー、ローズゴールド)の2タイプ。

なお、スキミング被害に遭いやすい非接触決済が可能なカードでも、搭載されたRFIDブロックでしっかりガード。

ウォレットの裏側には頑丈なゴムバンド隠しポケットが標準装備されており、追加のカードや現金を挟んだり、常備薬などの小さな日用品をしまうことができる。

ミニマル志向のあの人へのプレゼントに最適な「Vext Slim Wallet」はコチラから。

Vext Slim Wallet カード ウォレット ミニマル財布
©Makuake
Vext Slim Wallet カード ウォレット ミニマル財布
©Makuake
Vext Slim Wallet カード ウォレット ミニマル財布
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

クレジットカード、免許証、交通系ICカードなどのカード類とレシートのみが入る特殊な財布が登場。キャッシュレス派にとってありがたい新たなスマート財布。
「Makuake」にて先行販売を実施中のミニマル財布「Wramer」は、キャッシュレス時代にぴったりのプロダクト。カードや紙幣が必要な分だけ収納でき、薄さ...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
キャッシュレス決済が使えないときのために、必要最低限の現金を持ち歩くミニマルウォレット「エマージェンシーウォレット ONE」が「Makuake」に登場。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
キャッシュレス化の進行とともに、お財布もコンパクトに。そんな今人気を集めているミニ財布をご紹介。こだわりの詰まったミニ財布を集めたので是非参考に。
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
キャッシュレス先進国・イギリス発のスマートリング「EVERING(エブリング)」が、日本に初上陸。ファッションリングのようなオシャレな見た目でありながら、...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
収納力とセキュリティ性に優れるミニマルウォレット「Hugウォレット」の紹介です。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
ニューヨーク市のMTAは、非接触型決済システム導入完了を発表。2023年にはメトロカードが廃止される予定。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...