欧米で期待値高めな「新型のサイフ」。でも、日本でウケるかは未知数。

3年前にアメリカで暮らしていたときに驚いたのは、「Cash Only」のサインを掲げるレストランを、友人が「時代遅れだな」とバサッと切り捨てていたこと。

すでに有名な話ではあるけれど、欧米はキャッシュレス社会に移行しつつあります。昨年末に行ったベルギーでは、「No Cash」の文字もチラホラと見かけました。

となると、やはりクレジットカードやデビットカードの使用頻度が増えてきます。こんなトレンドがあるからこそ、「Exo」が開発されたのでしょう。

ワンタッチでカードを取り出して
スマートに支払いを済ませる

これは、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布。できる限り、余計な部分を省いているそうなので、持ち運びやすいサイズ感になっています。最大7枚まで収納することが可能な容量は、十分すぎるくらいでしょう。

1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り出せるところ。非常事態に備えて、ある程度のお札と硬貨を入れておけるスペースもあるようです。

Exo」は、昨年末に目標額の30倍以上もの金額を集めて、クラウドファンディングを成功させています。数字から判断すると、たくさんの人が期待をしていることが分かります。

現金主義の強い日本で、どれくらいの人が欲しいと思うかは予測できませんが、クレジットカードを使うことが多い若い世代にはウケるかもしれません。

Licensed material used with permission byThe Vanacci Emporium
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
好きなだけビールを注いで飲む。これを可能にしたのが「PourMyBeer」。専用カードをビアサーバーにタッチすれば、ロックが解除され、自分でビールを注げる...
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
アメリカのフィラデルフィアで、「現金お断り」のお店が禁止される条例が可決されました。背景には、クレジットカードや銀行口座を持っていない貧困層に対する配慮が...
現在、「Kickstarter」にて「Ekster」とトラッカーのセットが78ドル(約8,700円)。来年3月に届く予定です。
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...