欧米で期待値高めな「新型のサイフ」。でも、日本でウケるかは未知数。

3年前にアメリカで暮らしていたときに驚いたのは、「Cash Only」のサインを掲げるレストランを、友人が「時代遅れだな」とバサッと切り捨てていたこと。

すでに有名な話ではあるけれど、欧米はキャッシュレス社会に移行しつつあります。昨年末に行ったベルギーでは、「No Cash」の文字もチラホラと見かけました。

となると、やはりクレジットカードやデビットカードの使用頻度が増えてきます。こんなトレンドがあるからこそ、「Exo」が開発されたのでしょう。

ワンタッチでカードを取り出して
スマートに支払いを済ませる

これは、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布。できる限り、余計な部分を省いているそうなので、持ち運びやすいサイズ感になっています。最大7枚まで収納することが可能な容量は、十分すぎるくらいでしょう。

1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り出せるところ。非常事態に備えて、ある程度のお札と硬貨を入れておけるスペースもあるようです。

Exo」は、昨年末に目標額の30倍以上もの金額を集めて、クラウドファンディングを成功させています。数字から判断すると、たくさんの人が期待をしていることが分かります。

現金主義の強い日本で、どれくらいの人が欲しいと思うかは予測できませんが、クレジットカードを使うことが多い若い世代にはウケるかもしれません。

Licensed material used with permission byThe Vanacci Emporium
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!