欧米で期待値高めな「新型のサイフ」。でも、日本でウケるかは未知数。

3年前にアメリカで暮らしていたときに驚いたのは、「Cash Only」のサインを掲げるレストランを、友人が「時代遅れだな」とバサッと切り捨てていたこと。

すでに有名な話ではあるけれど、欧米はキャッシュレス社会に移行しつつあります。昨年末に行ったベルギーでは、「No Cash」の文字もチラホラと見かけました。

となると、やはりクレジットカードやデビットカードの使用頻度が増えてきます。こんなトレンドがあるからこそ、「Exo」が開発されたのでしょう。

ワンタッチでカードを取り出して
スマートに支払いを済ませる

49015514999029765924343200612352

これは、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布。できる限り、余計な部分を省いているそうなので、持ち運びやすいサイズ感になっています。最大7枚まで収納することが可能な容量は、十分すぎるくらいでしょう。

1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り出せるところ。非常事態に備えて、ある程度のお札と硬貨を入れておけるスペースもあるようです。

4916018291933184

Exo」は、昨年末に目標額の30倍以上もの金額を集めて、クラウドファンディングを成功させています。数字から判断すると、たくさんの人が期待をしていることが分かります。

現金主義の強い日本で、どれくらいの人が欲しいと思うかは予測できませんが、クレジットカードを使うことが多い若い世代にはウケるかもしれません。

Licensed material used with permission byThe Vanacci Emporium
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
必要な紙幣や硬貨を、財布の中から探しだし、数えなくてもいい。履歴をチェックできるし、ポイントがつくこともある。近頃はスマホ払いも当たり前。送金アプリでワリ...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
クラウドファンディングで資金調達中の貯金箱「GoSave」は、お金の大切さを子どもに学んでほしいという想いで開発された。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
ついつい、かさばってしまうのが財布。油断していると分厚く膨らんでしまうのは、お決まりのパターン。だから、ずっと、こんな財布を探していた。その名は「Slim...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
キャッシュより電子マネーのほうが早いし便利!スーパーでの買い物で毎日使ってるよという人も多いかもしれませんが、北欧ではその利便性をもう一歩先に進めようとし...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を...
クレジットカードにポイントカード、免許証に保険証…。良くも悪くもカード社会の現代では、財布がパンパンになりがち。それをスーツの胸ポケットに入れる男性も多い...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
かさばるのはイヤ!持ち物は少ない方がいい。そんなあなたに、もってこいの財布をご紹介します。ポケットにいれたのを忘れるほどの“極薄財布” オーストラリア生ま...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...