元Google社員が発案した、街によりそう「無人スーパー」。

小銭もカードも電子マネーもいらない、まったく新しい無人店舗「Bodega」。なんでも勝手に商品を持っていくと、あとから自動的に請求がくるというのですが…。こんなむちゃくちゃなイノベーションを起こしたのは、元Google社員の二人。これ、どんな仕組みなの?

ホントに大丈夫?
完全キャッシュレスの無人店舗

F3acceabec864a8cfa48f2fb0895c987a9073c3b

「Bodega」は、コンビニよりもさらに便利なミニ店舗。だそうです。横幅150センチメートルほどの棚に、食品から日用品まで、コンビニで買えるようなあらゆる商品が陳列されています。もちろん、生鮮食品以外ですけどね。

消費者は専用アプリを使って扉を開けて、この棚から好きな商品を持って行っていいそうです。自動販売機のようにボタンを押すことも、その場で現金のやりとりも不要。

で、肝心のどうやって商店としてワークするかという点ですが、設置されたカメラがどの商品を選んだかを認識し、追って登録しておいたクレジットカードに代金請求がされる仕組みだとか。ここまですべて自動、人の手は介しません。こうなると、100%カメラの画像を信用するほかないのですが、その精度は本当に大丈夫なんだろうか…。

開発者は、Googleで13年間プロダクトマネージャーを務めたMcDonald氏。同僚だったRajan氏とともにこの「Bodega」を開発しました。

消費者のニーズに
寄り添う品ぞろえ

58bfc15f8ba98d5701c67dcc1eabe92064f479bc

Bodegaは、集合住宅やオフィス、ジムなど、あらゆる場に設置を予定しているようで。

すでに設置されたエリアでの市場調査をみても、必要とされる商品のニーズに合わせ、同じアパートでも女性が多く居住するならばアメニティや生理用品など、子供のいる家族に向けて、食品、トイレットペーパーなどの日用品と、消費者のニーズに合わせた商品選定が功を奏しているようですよ。

また、設置コストも割安に抑えられることから、実店舗よりも多くの場所に設置できるメリットも。エリアごと多様なニーズに細かく対応していくことがメリットなんですね。

誰もが便利に
買い物できる街へ

Dfd53188b5884265826c352a4f067275325d2235

ところで、「Bodega」はもともとスペイン語で<小さな店、雑貨店>を意味する言葉。街で実際に営業(もちろん対面接客)するヒスパニック系の人々からは、「自分たちの店に取って代わろうとしている」「仕事が奪われるのではないか」といった声も聞かれました。

「『Bodega』の語源は、人と人のつながりがある、温かみのある店のこと。ヒスパニック系ではない人にこの名前を使って欲しくないし、ましてや無人店舗にその名前を付けるのには強い抵抗がある」

といった、厳しい意見があるのも事実。

これに対してMcDonald氏は、「ヒスパニック系の人々の仕事を奪うつもりは全くない。単純に『街によりそう店』という意味で『Bodega』という名前を使った」と、持論を述べています。

2d57f560f6a4a854b4d505db2bf7fa39563ee3a6

既存の実店舗と競合するのではなく、むしろ今苦戦している実店舗のビジネスを広げる手伝いをしたいとも話すMcDonald氏。様々な店舗や企業に「Bodega」の無人システムを使ってもらい、たくさんの人が便利に生活できる街をつくっていくことを目指しているそうですよ。

さて、無人スーパーマーケット、果たしてここからどんな広がりをみせるでしょうか。

Licensed material used with permission by Bodega
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...