赤字になれば閉店!高松市にオープンした国内古着を「無人」で販売する新業態

先月26日、香川県高松市にオープンしたショップ「The FCLC Supermarket(エフシーエルシー スーパーマーケット)」は、お客さんとの信頼をベースに「無人」で古着を販売をしている。

全商品を500円均一で販売し、購入するには店内のポストへ入金してもらう仕組み。無人だからお釣りはでないので注意。そのほか、洋服の陳列店舗清掃のお手伝いをしてくれた人は、洋服を持ち帰ったり、支払いを減額したりするのもOKだという。

詳しくは、以下のオフィシャルWEBサイトに掲出されている店内ルールをご参照あれ。

©株式会社ヒューマンフォーラム

そもそもは、コロナ禍の影響もあって、おうち時間の増加により家庭の整理整頓から出る古着や、主に新興国に向けた海外輸出も困難な状況で、行き場を失った衣類の数々が溢れかえっている状況を踏まえた試みなのだとか。

業界にも消費者にも、信頼ベースでつないで生まれるやさしさ。こんな時代だから生まれた「店員のいない」スタイルが、新しいトレンドになるかも。

The FCLC Supermarket
【住所】香川県高松市常磐町1丁目8-5-1
【金額】ALL 500円
【販売方法】店内ポストへの入金

Top image: © 株式会社ヒューマンフォーラム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事