「パタゴニア」が古着を使って作った新たな衣類を販売!

「パタゴニア」の環境に配慮した取り組みは、サステイナビリティが重要視されるようになってから、ますます脚光を浴びるようになってきた。ようやく時代が追いついたのだろう。

「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」というステートメントを掲げ、現在のファッション業界をリードするパタゴニアが、また新たな挑戦を始める──。

それが「ReCrafted」というプロジェクトだ。

ReCraftedでは、回収された古着で修復が不可能なものから生地などを切り出し、新たな衣類を製造する(修復ができる場合は、リペアやリサイクルを推進するプロジェクト「Worn Wear」のプラットフォームで引き続き販売される)。

現在のコレクションでは、ダウンジャケットやダウンベスト、Tシャツなどが購入できる。見慣れないルックスのものも多数ラインナップされており、世界にひとつだけの洋服という点にも惹かれるだろう。

ReCraftedは、パタゴニアが環境に真摯に向き合っていることを再確認させてくれるプロジェクトだ。

©パタゴニア
©パタゴニア
©パタゴニア
Top image: © パタゴニア
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「故郷である地球を救うためにビジネスを営む」というステートメントを掲げるパタゴニアだが、その活動はまさに有言実行。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
「パタゴニア」が気候のための行動を学ぶプログラム「クライメート・アクティビズム・スクール」を12月に開催。
11月27日、ブラックフライデーにあわせて「パタゴニア」が「ニューヨーク・タイムズ」に広告を掲載した。
そんな世代に少しでも健全な地球を引き継ぐため、パタゴニアは第25回参議院議員通常選挙日の7月21日(日)に全直営店の休業すると発表しました。
先月26日、香川県高松市にオープンした「The FCLC Supermarket」は、お客さんとの信頼をベースに「無人」で古着販売をしている。
アウトドアブランド「パタゴニア」は、3月6日(金)より、上越・東北エリアの6スキー場を訪問し、スキーウェアやアイテムを無料で修理する「Worn Wear ...
ヨーロッパで広く愛されているトルコ発のレジャーブランド「aniva」から、コンパクトで手軽、かつ本格的なバーベキューが楽しめる「コンパクトバーベキュースタ...
環境を守る数々の取り組みで知られる「パタゴニア」の日本支社は、2020年4月1日から日本国内の直営店全22店舗で「お持ち帰り袋」を全廃することを発表した。
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
渋谷「100BANCH」の入口を彩ったアートの懸垂幕がアップサイクルにより数量限定の「トトートバッグ」に転生し、渋谷区のふるさと納税返礼品として販売。
南米大陸の南緯40度以南、そこから先がパタゴニアだ。アルゼンチンとペルーにまたがるこの広大な土地の「南」の果て、約1,000kmの海の向こうはもう、南極大...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国大手新聞社「ニューヨーク・タイムズ」は今月21日に発行した1面を黒いドットで埋めた。ある程度の規則性を持ちながら打たれた砂嵐のように見える黒いドットは...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...