「お持ち帰り袋を全廃」。日本国内の「パタゴニア」直営店が実施を発表

環境を守る取り組みで知られる「パタゴニア」の日本支社は、2020年4月1日から日本国内の直営店全22店舗で「お持ち帰り袋」を全廃することを発表した。

同時に、今月16日からは、各直営店で、利用客に向けて「使用しないマイバッグ」の提供の呼びかけを開始。その理由は、全廃後に「どうしても袋が必要……」という顧客のために、好意によって回収したマイバッグを活用する「エコバッグ・シェアリング」をおこなうためだ。

パタゴニアは、これまでもお持ち帰り袋がゴミにならないための数々の対策を打ち出しており、1989年からは再生紙100%のものを提供、また2000年代後半にはデポジット制の導入などを実施してきた。

その甲斐あって、いまや利用客のマイバッグ持参率は80%を超えるという。

地球を救うためにビジネスを営む──そんなミッションを掲げるパタゴニアとそれを支持する顧客によって、地球環境問題への取り組みの新しいスタンダードが形作られていくのだろう。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
そんな世代に少しでも健全な地球を引き継ぐため、パタゴニアは第25回参議院議員通常選挙日の7月21日(日)に全直営店の休業すると発表しました。
9月7日午前10時にAppleの新たな直営店「Apple 丸の内」がオープン。場所は、丸の内の三菱ビル。日本のApple Storeのなかで最大の店舗となる。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
11月1日、日本政府は「プラスチック製レジ袋」の有料化を義務付ける方針を決定。来年7月1日から、事業規模に関係なくすべての小売店で有料となる。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.56
新しい定番を生み出していくブランド「THE」。11月1日、「渋谷スクランブルスクエア」に国内最大旗艦店となる「THE SHOP SHIBUYA」をオープン...
「THE SHOP SHIBUYA」のオープン記念アイテム「THE SHOPPING BAG」です。
12月12日、イタリア発のチョコレート・ジェラート専門店「Venchi(ヴェンキ)」の第一号店が銀座にオープン。創業から141年を経て日本国内初出店となる。
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
 ロンドンの中心部を通るフリートストリートにあるマクドナルドで、世界初となる「お持ち帰り専用」店舗が誕生した。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...