大容量で食べたい罪悪感ゼロのオーガニックアイス

健康志向はよくわかるのですが、それがアイスクリームにまで必要なのか。ここ、私にとっては重要な問題。好きなものへの欲求は底なし。それが人間の性だから。

いい悪いはさておき、100%オーガニック原料にこだわったアイスが、カリフォルニアから東京・代官山にやってきました。

カラダにいい=「味気ない」
そう思ってる人に食べてほしい

オーガニック、ヴィーガン、〇〇主義、こだわりだすとどこまでも、というイメージが先行し、どうも私の中では“0か100か”の論議に聞こえてしまいます。単純に「おいしい!」がまずあって、その先にヘルシーだったら尚よし。みたいな。

脱線してしまいましたが、このオーガニックアイスブランド「Three Twins Ice Cream(スリーツインズ アイスクリーム)」のそれは、想像よりもはるかに“こっち側”でした。つまり、ヘルシーとかカラダにいいといった枕詞を聞かされなくても十分にシアワセ。

100%オーガニックな原材料

──信頼する生産者の原材料のみを使用する。

これが彼らのフィロソフィー。従来のアイスに使用されている増粘剤や乳化剤、香料といった化学調味料すべてに背を向け、100%オーガニックにとことんこだわるところからスタートしたのが2005年のこと。やがて人気が人気を呼び、現在、市販のカップ容器販売数において、全米No.1のシェアだそうです。

ご自慢のアイスは個性的なフレーバーが揃った全11種。どんな口どけ、どんな味かは、ここでいくら表現するよりも自分の舌で実感するのがイチバン。だから思い切って割愛しますが、とにかくビックリしたのはその「やわらかさ」です。

さらにさらに、こういうのってアイスだけがオーガニックってこと多いと思うんですよね。ところがThree Twins Ice Creamはさにあらず。

例えば、その場で焼きあげるワッフルコーン。小麦粉、バニラエッセンス、きび砂糖と材料すべてが有機。

もちろんトッピングだって。カカオ豆を砕いたカカオニブや食物繊維が豊富なキヌアパフ、ウコンや野菜から着色したチョコレートスプレーなど、トッピングだって“食べる人のカラダ重視”なのがうれしい。ちなみにイチオシは、シーソルトキャラメルに食感を楽しめるカカオニブのトッピング。スタンドで迷ったなら、ぜひ!

大容量をお持ち帰り!
自宅で楽しむためのアイス

アイススタンドの紹介をしておきながら、どうしてもこちらを強調したい。食べ歩き用のカップ、コーンの他に持ち帰り用でパイントサイズ(473ml)の用意アリ。

これ、すなわち自宅でひとり好きなだけスクープしたり、あるいは家族や友人とシェアしながらアイスを介してコミュニケーションを深めたり、といった楽しみ方もできるということ。

食べ過ぎちゃっても罪悪感もちょっぴり。

子どもだって安心。

あま〜いアイスの香りに誘われて

酒香不怕巷子深(良い酒はせまい路地の奥で売っていても、香りに惹かれて自然と人を招き入れる)。中国にはこんな喩えがありますが、本国の1号店はメインストリートではなく、あえて路地裏に入った“探しに行く”ロケーションを狙って出店したんですって。

何が言いたいかって、代官山を歩いていればきっと、おいしいオーガニックアイスの香りに導かれる(はず!)。そこで、手がかりは公式Instagramで!というのはどうでしょう。

Licensed material used with permission by Three Twins Ice Cream
2010年に米・カリフォルニア州で生まれた大人気アイスクリームショップが、東京・千駄ヶ谷にオープンし話題となっています。というのも、このお店で食べられるの...
スイーツに関連する調査でも、必ずトップに入り込む定番デザート「アイスクリーム」。しかし健康やダイエットのためにあまり食べないようにしている人も少なくない。...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
子どものころ、すごく幸せだった「おやつの時間」。でも、いつからか私たちは、お菓子に対して“罪悪感”を感じるようになってはいませんか?こんな状況に疑問...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
相手を想うがゆえに、必要以上に気をつかってしまう…というのは恋愛によくあること。でも、あまりにも相手中心に行動してしまうと、本来の自分を見失いかねません。...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
うまくいっていない関係を、無理にうまくいかせようとする必要はない。関係が壊れたときは次の恋に進んだっていい、と教えてくれる「Elite Daily」の人気...
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
BBQの鉄板「焼きトウモロコシ」。醤油を塗りながら焼いて熱々のうちに食べれば、気分も最高潮。でもこれでは“定番”の域から脱せない。そこで、さらにイマドキ感...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
普通の野菜より体にいいっていう話はよく聞くけど、本当のところどのくらい影響があるんだろ?と気になっている人も多いかもしれません。そこで、スウェーデン環境研...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです。
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...