「パタゴニア」企業向けプロダクトのロゴプリントを終了

米国で1965年に設立されたアウトドア用品企業「パタゴニア」

良質なプロダクトブレない企業理念をもった同社は、世界中から多くの支持を集める企業だ。

じつは、そんな同社の製品がシリコンバレーを始めとしたテック界隈でも定番となっているのはご存知だろうか?

企業向けに、その企業のロゴをプリントしたオリジナル製品も作っていたパタゴニア。シリコンバレーなどでは、シャツに「企業ロゴ入りのパタゴニアのベスト」を組み合わせるスタイルが多く見られるという。

しかし、そんな姿を見られるのも、もう終わりかもしれない

「パタゴニア」はこのたび、企業向けにロゴをプリントした製品の生産を終了すると発表したようだ。

企業のロゴ入り製品は、その企業に勤めている間は使用できるかもしれないが、転職でキャリアアップをはかることの多い米国のビジネスマンは、数年でそれを廃棄してしまうことも少なくないのだとか。

同社は2年前、環境保全に取り組む企業にのみ、ロゴ入り製品を作成すると方針転換していたようだが、その決定すらも環境に悪影響を与えていると判断したようだ。

環境保護に妥協を許さない同社の経営判断。

これこそが、パタゴニアが多くのフォロアーの心をつかんで話さない理由のひとつでもあるのだろう。

Top image: © JHVEPhoto/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
「パタゴニア」が気候のための行動を学ぶプログラム「クライメート・アクティビズム・スクール」を12月に開催。
「パタゴニア」が古着を使って新たな衣類を製造する「ReCrafted」というプロジェクトを発表。
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
環境を守る数々の取り組みで知られる「パタゴニア」の日本支社は、2020年4月1日から日本国内の直営店全22店舗で「お持ち帰り袋」を全廃することを発表した。
アウトドアブランド「パタゴニア」は、3月6日(金)より、上越・東北エリアの6スキー場を訪問し、スキーウェアやアイテムを無料で修理する「Worn Wear ...
そんな世代に少しでも健全な地球を引き継ぐため、パタゴニアは第25回参議院議員通常選挙日の7月21日(日)に全直営店の休業すると発表しました。
「故郷である地球を救うためにビジネスを営む」というステートメントを掲げるパタゴニアだが、その活動はまさに有言実行。
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
もしもって時に強い味方となってくれる「Aunt Flow」。企業向けに生理用品のサービスを展開しているスタートアップです。
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
ドイツの写真家、Martin Heck氏が制作したパタゴニアの動画が美しすぎる!と話題になっています。約10万枚もの写真をつなぎ合わせて制作された、8Kの...
1月16日(土)、17日(日)の2日間、愛知県常滑市の「Aichi Sky Expo」を会場にアウトドアファン必見の大型イベント「Aichi Sky Ex...
11月5日、Facebookが新しい企業ロゴを発表した。
「日経BPコンサルティング」による創業100年以上と200年以上の企業数を国別に調査した「世界の長寿企業ランキング」で、ともに日本が1位になった。
南米大陸の南緯40度以南、そこから先がパタゴニアだ。アルゼンチンとペルーにまたがるこの広大な土地の「南」の果て、約1,000kmの海の向こうはもう、南極大...
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
社会や自然の問題に取り組むアウトドアギアブランド「Cotopaxi(コトパクシ)」 が、 日本での本格展開をこの春スタート。
デザイン会社である「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査しました。私も試してみたけれど、簡単...
ミツバチの飼育をする養蜂の問屋として日本最古の歴史を持つ「株式会社秋田屋本店」が、養蜂を通して企業のSDGs活動をサポートする「企業養蜂」事業を今年2月よ...
6月1日にスタートしたECサイト「Outfitter」では、自分で選んだスポンサー企業のロゴを印字したオリジナルのスポンサードカスタムユニフォームを簡単に...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
今年9月、日本で本格的にスタートしたパタゴニアの食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」。個体数が豊かで持続可能な群れのみから捕獲し加工したスモークサー...
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
001 大陸:南米002 国名:アルゼンチン003 地名:パタゴニア、フィッツロイ山004 日付:2012.04.04「この景色、ずっと見ていたい」Abo...
2015年12月8日、La Nacionがダグラス・トンプキンズ(72歳)の死を報じた。アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」の創業者として知られてい...