北欧のスタートアップが「バブルカーテン」を作る理由とは……?

海沿いの地域を中心に甚大な被害をもたらすハリケーン台風。地球温暖化による海面温度の上昇も相まって、発生数や規模も少しずつ大きくなっているようだ。

そんなハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を、北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。

その計画とは、海の底に空気を放出する「バブルカーテン」を設置し、海面の温度を低くするというものだ。

ハリケーンは形成される過程において暖かい海面からエネルギーを得て誕生するという。そこで「バブルカーテン」が深海の冷たい水を上昇させ、海面温度を低くすることで、ハリケーンの強さを抑える、または発生を防ぐことが可能になるのだとか。

公開されているフィールドテスト映像では、ドローンによるサーモグラフィーで実際に海面温度が低くなる様子を確認することができる。

© OceanTherm/Vimeo

しかし、この壮大な計画には膨大なコストがかかることは明白であり、本当に解決につながるのか不確かな部分が多いとの指摘も......。

同社は、多くの専門家と科学的な検証を進め、さまざまな企業や政治家と連携することで、計画を現実のものにしようとしているようだ。

人々の命を幾度も奪ってきた自然災害との戦い。自然を人間が本当にコントロールすることができるのか......大きな代償が待っていないことを祈りたい。

Top image: © iStock.com/pfb1
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
この記事では、アップサイクルの意味と事例を紹介していきます。リサイクルと非常に似た言葉なのですが、その違いを知ればアップサイクルの魅力にきづけるはずです。
藻類が入ったカーテンの紹介。光合成をするので、二酸化炭素を吸収し、酸素を排出してくれます。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
あるイギリスの研究によれば、数十年後までに乱気流の数が激増するようです。これには、地球温暖化による気候変動が大きく影響しているのだとか。
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。