グリーンランドの氷床が過去30年で「3,800,000,000,000」トン損失

英科学誌「ネイチャー」に掲載された最新の評価資料によると、デンマーク領グリーンランドの巨大な氷床が、過去30年以内に3.8兆トンも消失していたことが分かった。

これは、ICPP(国連気候変動に関する政府間パネル)が2014年にまとめた、第5次評価報告書で述べられている「氷河損失の最悪のシナリオ」とほぼ一致することになる。

このままのペースで氷床が消失すると、今世紀末までに52センチから98センチも海面が上昇する。そうなれば全世界で6億人もの人々が洪水の被害に遭うことが想定されるという。

また今年は、夏季の氷河損失が広範囲に及び、氷の消失量が過去最高になるとも考えられている。

ますます拍車のかかる地球温暖化......とてもショッキングなニュースである。

Top image: © iStock.com/Veronica Bogaerts
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
グリーンランドで撮影された写真です。6月〜8月は融解する時期みたいで、たまたま氷の表面に溶けた水がある状態になっていたそう。
NASAの地球観測衛星「ランドサット」がとらえた、アラスカの氷河・氷床の映像。過去47年分の大地の記録。
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
アイスランドのボルガルフィヨルズルに設置される「氷河の記念碑」が注目を浴びている。「Okjökull」を忘れないようにというものだ。「Okjökull」と...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。