10,000匹を超えるサメがビーチに集結!?一体なにが・・・

2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?

見渡す限り
サメ・サメ・サメ…

ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フロリダ・アトランティック大学の生物学者で、サメに詳しいKajiura准教授が「ABC News」に話した内容によれば、冬場に温かい水を求めて海を移動する習性があるカマストガリザメにとっては自然なこと。

それにしても、集まった数は例年よりも多く、上空から撮影された画像には思わず圧倒されてしまう。実際には、大きくてもそれぞれ1.5mほどで噛まれても致命傷になることはまずないそうだ。

いつもは、パームビーチよりさらに南下したマイアミ・デイドやフォートローダーデールに現れるそうだが、エルニーニョ現象によって海水の温度が高まり、より北に停留することになったと予想されている。「Science Alert」によれば、詳しくは、60個のタグをサメにつけて調査を行う予定だ。

とても敏感なので、人間が近づくとすぐに逃げてしまうというが、1月から3月半ばにかけて、この周辺に近づいてくる様子が見られる。遠目から観察するには、ちょっとした観光スポットとして楽しめるかもしれない。その証拠に、「気軽に遊びに行ってみれば?」と軽快なトーンでニュースを報じているメディアが多かったようだ。

Licensed material used with permission by Mark Mohlmann, sharkmigration
他の記事を見る
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
2月9日。ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷のクラブ「WOMB」は、バレンタインデーに先がけたスペシャルイベントを開催。そこ...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
この季節、ビーチに欠かせないのが、日よけタープ。まだまだ日差しが強いから、タープ1つあるかないかでビーチでの快適さは大きく左右される。でも、これまでのター...