どうしてもひとりになりたい時は、「サメに変身」すればいい。

誰しも、ひとりになりたい時がある。

じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知ってもらいたいのは、“サメに変身する”なんて方法もあるということ。中国人デザイナーYang Zhaoが製作したウェアラブル家具、その名も「SHARKMAN」を紹介しよう。

名前の由来は一目瞭然。

Photo by yang zhao

袖を通して
ベスト感覚で着用し、

Photo by james barnett

そのまま、座り込むもよし。

Photo by yang zhao

寝るもよし。

Photo by james barnett

立ったまま、作業するもよし。

Photo by yang zhao

とはいえ、無理に
サメにならなくてもOK。

Photo by james barnett

あなただけの、
プライベートな空間を。

Photo by james barnett

ちなみに、
カラバリも豊富だとか。

以上。さあ、欲しい?

Top Photo by yang zhao
Licensed material used with permission by yang zhao, (LinkedIn), (Facebook)
他の記事を見る
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第4回は島国フィリピンより、楽...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
長寿を保っているのは、グリーンランドシャーク。海洋学者のJulius Nielsenによれば、推定年齢は275〜512歳ということなのだけれども、現段階で...
LEGO FORMAは、パーツを組み合わせて鯉やサメを組み立てる大人のLEGO。構成するパーツにギアのついた台座があり、動かすこともできます。
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
スケートボードに四角いウィール?何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
「この手紙を受け取ってくれたあなたも、幸福が訪れますように」——見知らぬ誰かの「水曜日」と、自分の「水曜日」を交換するアートプロジェクトとして話題になった...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...