世界に1台だけの自転車をwebでカスタマイズ!組み合わせは無限大

「Cocci Pedale(コッチペダーレ)」は、自分で簡単にパーツやカラーの組み合わせを選択し、カスタムオーダーできるサービス。その組み合わせは、なんと139,100,000,000,000,000,000,000通り!もはや、数えるのを途中で諦めてしまうほど、天文学的な数のパターンが存在します。

世界に一台!
あなただけの自転車を

D9777f076fd8f38f95a18cf6f59621cdfec5b8dbBaf64f4f13b3ccc28e85501a60a2c6cd8b0a80ad

こちらがWebサイトのカスタム画面。無数の配色パターンが選択できるため、フレーム形状は主張せず、色を生かすシンプルな設計に。できる限りラインを細くし、角度や長さなどは、Cocci Pedaleの考える“黄金比”で製造するのだそう。

4bea6501f7b555d00ff1e7b329721b35dda456f7

20カ所のパーツそれぞれに約14色を準備しています。カラーを選択すれば、完成予想写真も連動して変化するため、「こんなはずじゃなかった!」というイメージとのギャップも生まれません。

ポップなカラーリングから
シックなモノまで!

C2419ea4128b9992896d182fc15fe513a4e3f2be6a61cfb1b6dbaff4ace57965885833efb247ad3e27152285fb0672bf8d5b9af0b51e0b9a9b96f4d6C49002b8565266f5fc6550d723b328336f01dbe31d3f2a08e6690e9a98f98cd5ecbcea34ea1f0e30

ハンドルが4種類から選べるため、フォルムも好みに合わせて使い分けが可能です。

02f6dff145254dab839d3624ed95ffaf10e27b80

自分でデザインした自転車を、プロが仕上げ、それを乗りこなせるーー。そんな楽しみを味わえるのがCocci Pedaleの最大の魅力。まずは、ゲームのようなカスタム画面を自由に触ってみることから始めてみて。

Licensed material used with permission by Cocci Inc.
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
音にこだわるミュージックラバーにとって、自分好みのサウンドを聴かせてくれるツールはとっても大切。それゆえ、聴く音楽によってヘッドフォンを使い分けている人も...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...