世界に1台だけの自転車をwebでカスタマイズ!組み合わせは無限大

「Cocci Pedale(コッチペダーレ)」は、自分で簡単にパーツやカラーの組み合わせを選択し、カスタムオーダーできるサービス。その組み合わせは、なんと139,100,000,000,000,000,000,000通り!もはや、数えるのを途中で諦めてしまうほど、天文学的な数のパターンが存在します。

世界に一台!
あなただけの自転車を

D9777f076fd8f38f95a18cf6f59621cdfec5b8dbBaf64f4f13b3ccc28e85501a60a2c6cd8b0a80ad

こちらがWebサイトのカスタム画面。無数の配色パターンが選択できるため、フレーム形状は主張せず、色を生かすシンプルな設計に。できる限りラインを細くし、角度や長さなどは、Cocci Pedaleの考える“黄金比”で製造するのだそう。

4bea6501f7b555d00ff1e7b329721b35dda456f7

20カ所のパーツそれぞれに約14色を準備しています。カラーを選択すれば、完成予想写真も連動して変化するため、「こんなはずじゃなかった!」というイメージとのギャップも生まれません。

ポップなカラーリングから
シックなモノまで!

C2419ea4128b9992896d182fc15fe513a4e3f2be6a61cfb1b6dbaff4ace57965885833efb247ad3e27152285fb0672bf8d5b9af0b51e0b9a9b96f4d6C49002b8565266f5fc6550d723b328336f01dbe31d3f2a08e6690e9a98f98cd5ecbcea34ea1f0e30

ハンドルが4種類から選べるため、フォルムも好みに合わせて使い分けが可能です。

02f6dff145254dab839d3624ed95ffaf10e27b80

自分でデザインした自転車を、プロが仕上げ、それを乗りこなせるーー。そんな楽しみを味わえるのがCocci Pedaleの最大の魅力。まずは、ゲームのようなカスタム画面を自由に触ってみることから始めてみて。

Licensed material used with permission by Cocci Inc.
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...