いざ描いてと言われると…意外と知らない「企業ロゴ」

街を歩いていれば、いやでも目に飛び込んでくる有名企業のブランドロゴ。多くのものが色やデザインをなるべく簡単に、けれどすぐに連想できるように計算されています。

デザイン会社「Signs.com」は、どれほどの人が代表的なブランドロゴを正確に描けるのか、150人を対象に調査。私も試してみたけれど、簡単なのに全然描けないんですよ、これが日本でもよく見かける7社をピックアップしたので、チャレンジしてみて!

レベル1.
【apple】

かじった所を左右逆にする人:20%以上
不要な葉をつける人:30%以上
ロゴを赤く塗った人:6%

簡単すぎるでしょ、って思ったかもしれないけれど、意外と間違える人多し。

<正解はコレ!>

レベル2.
【adidas】

「A」を大文字にしてしまう人:21%
ストライプを4つ以上にする人:11%

正確に描けた人は、たったの12%だったらしい。

<正解はコレ!>

レベル3
【IKEA】

アメリカ人の正解率が最も高かったのは、このIKEA。30%の人が、ほぼ完全に再現できたみたい。

楕円に囲まれていること、意外と忘れませんか? 

<正解はコレ!>

レベル4.
【セブンイレブン】

Elevenと書く人:31%
7の中心ではなく、下にELEVENを書く人:56%

毎日1回は見ているだろうけれど、配色まで完璧にとなると意外と描けない。156人中、2人だけ正解でした。

<正解はコレ!>

レベル5.
【スターバックス】

尾ひれを描き忘れた人:45%
ツインテールにしなかった人:55%

これは難しい。緑なのはすぐにわかるけれど、顔まで細かくとなると…

<正解はコレ!>

レベル6.
【ドミノ・ピザ】

3つの点があることは正確に覚えていた人:28%
完璧に描けた人:16%

青と赤で、サイコロっぽいっていうのは間違えないんですよね〜。

<正解はコレ!>

レベル7
【バーガーキング】

王冠をつける人:16%
古いロゴを書いてしまう人:30%以上

バーガーキングは、今まで6回ロゴを変更押しているから、昔のものを書いてしまう人が多発。日本人には、アメリカ人ほど馴染みがないでしょう。

<正解はコレ!>

ね、意外と描けなかったでしょ?

同じように日本のロゴをイメージしたとき、「松屋」や「TSUTAYA」「LAWSON」だって、改めて考えてみると結構描けそうで描けないんじゃない?

Licensed material used with permission by @signsdotcom.
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
ここまで堂々とされると、そういうものだと思い込んでしまいそうだ。これは、アーティストReillyさんのプロジェクト「Fakenews」の一部で、高級ブラン...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
〈メルセデス・ベンツ〉のロゴ入り〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉のボトル。いずれもアクティブシーンで活躍する機能性がウリのブランドだけに、相...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
オーセンティックなタイポグラフィが、店名が持つかわいさをストレートに表現しています。
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。
遠目に見ると、海外企業のロゴがプリントされているように見えるハンカチ。でも、近くでみると、鯉のぼり。しかも時々金太郎が上に乗ってます。この錯覚を起こす柄が...
「STRATX」が紹介している有名企業のブランドロゴとスローガンを見てみよう。スローガンはブランドの原点を表しているとも言える。これまで抱いていたイメージ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
ブランドと商品が色々混ざってしまったけれど、なんとなくしっくりくるものも…。中身や、その効果効能に想像を巡らせてみて。汚れを落とすどころか…②これらは、フ...
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...