国内初!「スポンサー企業ロゴ」を印字したオリジナルユニフォーム販売開始

6月1日から運営がスタートしたECサイト「Outfitter(アウトフィッター)」では、自分で選んだスポンサー企業のロゴを印字したオリジナルユニフォームをオンラインで簡単に作成・購入ができる。

胸、袖、パンツの裾の3箇所に企業ロゴを入れることができ、位置や個数に応じて最大で本体価格の50%ものディスカウントを受けられる国内初のサービス。現在は3つのブランドから選べるが、ラインナップは時期によって変化していく予定。

ロゴの入り方など、「Outfitter」で制作できるのは日本サッカー協会のユニフォーム規定に準拠。大会によってはスポンサーロゴ入りだと規定に触れることもあるので注意が必要だそうだが、このユニフォームを着れば“プロ選手”……になったつもりで試合に臨めるのでは?

© outfitter_jp / Instagram
©Outfitter

『Outfitter』

【ECサイト】https://www.outfitter.jp/

Top image: © Outfitter
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
野球にカーリング、バスケットボール、ラグビー。競技の垣根を越えて依頼が殺到するユニフォームデザイナー・大岩Larry正志さんにインタビュー。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
共同体として服を作るブランド「UNION LAUNCH」が富山にオープンする複合施設「ヘルジアン・ウッド」のユニフォーム製作を担当。機能性とデザイン性を兼...
2月5日、「NIKE」が東京オリンピック・パラリンピックでアメリカ代表選手たちが着用するユニフォームを発表した。
ソムリエ吉川大智さんがオススメするのは、南アフリカ共和国が世界に誇る高品質のスパークリングワイン「グラハムベックブリュット NV」(通称グラハムベック)。
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
本日、11月9日からアディダスとパレス スケートボードがコラボレーションしたコレクションが販売開始。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
宅配企業「佐川急便」とユニフォームを製造を手掛けている「ミズノ」は、2007年から2018年までの間に、約213万着のエコユニフォームを製作するため約1,...
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
持ち歩けるクルマ「WALKCAR」の日本国内の先行販売が、6月9日にスタート。
「Conscious Exclusive(コンシャス・エクスクルーシヴ)」の新アイテムの販売が、4月11日からオンラインで開始。ジャケットやサンダルなどに...
タイプ別のオススメ「吸水型ショーツ」をご紹介。素材、機能、デザイン……あなたは何で選ぶ?
お酒は一切なし。日本初の完全ノンアルコールバー「0%」が、本日7月16日、六本木にオープン。
茨城県高萩市で国内初のドローンサッカー大会が開かれる。ドローンサッカーはeスポーツ同様、老若男女問わずバリアフリーで楽しむことができるもの。ドローンを主軸...
「PARK SSC」は、サッカーボールをひとつ購入すると、同じ型のサッカーボールが恵まれない環境にある子どもたちに届けられるなど、サッカーを通じて世界とつ...
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
11月5日、Facebookが新しい企業ロゴを発表した。
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。