「ヤマト運輸」の新ユニフォームは「環境への配慮」を追求したオリジナル素材!

「ヤマトホールディングス株式会社」が、さらなる「働きやすさ」と「環境への配慮」をコンセプトにデザインした新制服を発表。9月16日から、セールスドライバーや窓口受付スタッフが着用を開始する。

同グループは、これまでも制服に使用する生地の素材研究や縫製方法、ポケット位置、サイズ変更などの部分改良を継続的におこなってきた。

これらの改良により、日常の業務に十分な強度、耐久性を保ちながら、機能性、快適性をも備えられるものとなっていたが、このたびの新制服は、植物由来PET素材を採用することで、CO2の削減にも貢献できるという。

それにしてもこのデザイン......相当にカッコいい。じつは、デザイナーは人気ブランド「White Mountaineering」を手掛ける相澤陽介氏。意識したポイントについてこのように述べている。

新しい時代のヤマトグループの象徴としてカラーもデザインも大きく変えつつ、親しまれてきた安心感のある『縦のストライプ』とコーポレートカラーの『グリーン』を前面に押し出すことで、『過去』『未来』を繋ぐ、そんな思いを込めました。

 

さらに、視覚的に街のアイコンとなるようにコーポレートカラーの『イエロー』を取り入れ、視認性を高めました。どんな場面にもフィットし、機能的、かつフォーマルな印象もある。時代を超えてお客さまに選ばれるヤマトグループの皆さんをスタイリッシュに見せます。

このユニフォームを着用したスタッフを、早く目にしたいものだ。

© ヤマト運輸株式会社
© ヤマト運輸株式会社
© ヤマト運輸株式会社
© ヤマト運輸株式会社
Top image: © ヤマト運輸株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ナノ・ユニバース」が自然環境に配慮した新レーベル「Meaningful Continuity(ミーニングフル コンティーニュイティ)」をスタートさせた。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
6月1日にスタートしたECサイト「Outfitter」では、自分で選んだスポンサー企業のロゴを印字したオリジナルのスポンサードカスタムユニフォームを簡単に...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
兵庫の製造メーカー福島産業が開発した「豆乳マシーン」が話題に。応援購入サービス「Makuake」での反応も上々。すでに目標額1500%に達する人気ぶり
米スタートアップ「Bolt Threads」が開発したキノコ革「Mylo」を使用したファッションアイテムが来年発売予定。「StellaMcCartney」...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...