「アディダス」と「オールバーズ」が環境に配慮したシューズ開発に向けタッグ

スポーツブランド大手「アディダス」とサステイナブルなモノ作りが話題の米サンフランシスコ発のフットウエアブランド「オールバーズ」気候変動問題に取り組む両社が、革新的なパートナーシップ締結を先月28日に発表。

目的は史上もっともカーボンフットプリント(温室効果ガス排出量)の低いスポーツパフォーマンスシューズを開発することで、両ブランドは互いの技術、生産工程、自然素材の使用法を融合していくという。

両社は、互いのサステイナビリティに関する革新的な技術を共有し、気候変動に対応するための新たな基準を業界にもたらそうと考えている。

ゼロカーボン社会の実現に向けて尽力するこのパートナーシップが、将来の世の中に大きく影響し、よき前例を生み出すことに期待したい。

© adidas / Instagram
Top image: © アディダス,オールバーズ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事