環境に優しいファッションのお手本「アディダス バイ ステラ・マッカートニー」

アディダスが、サステイナブルファッションを牽引するステラ・マッカートニーと手を組んだ「アディダス バイ ステラ・マッカートニー」のコレクションを発表。パーカとテニスウェアが販売される。

ルックスもさることながら素材にもこだわっている。パーカには、埋立地から回収された生地を繊維にした「NuCycl」を使用し、リサイクル活動に貢献。テニスウェアには、蜘蛛の糸から着想を得て、タンパク質を繊維にした「Microsilk」を使用。どちらも既存の素材より廃棄物を少なく製造できるそうだ。

「ファッション業界は、環境に最も悪影響を与えるひとつの業界です」とステラ・マッカートニー。「解決策や代替策を探している時間なんてありません。大量廃棄物が出てしまう問題に対する解決方法をつくったことで、私たちがファッション業界のサステイナビリティへの意識を高められるでしょう。『アディダス バイ ステラ・マッカートニー』で、機能性があるだけではない未来の地球を守るようなプロダクトを生み出していきます」とのこと。

環境に優しいファッションをつくりだす両ブランドの動きは、これからも要チェックだ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカでは誰もが知っているアイスティー「AriZona Iced Tea(アリゾナアイスティー)」が、アディダスとコラボスニーカーを発表。だが、販売イベ...
4月12日から、二週に渡ってアメリカのカリフォルニアで開催された野外フェス「コーチェラ・フェスティバル」。初日には、アディダスの新作シューズが「AirDr...
ポール・マッカートニーは1966年に交通事故で死亡し、そっくりさんに置き換えられていたと、元ビートルズのメンバー「リンゴ・スター」が発表した!?World...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
「Bye Bye Camera(バイ バイ カメラ)」というカメラアプリの編集機能が面白い。このアプリで撮影すると、写った人を自動的に“削除”できる。名称...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
今や完全にスニーカースタイルの定番となった「ニューバランス」。けれどアパレルラインに限ってみれば、これまでナイキやアディダスの後塵を拝してきた印象を受ける...
今年の10月頃、アメリカの高校生が投稿した動画からスタートしたと言われている「マネキン・チャレンジ」。その場にいる人たちがみんなマネキンみたいに止まってい...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。