【死亡説浮上】リンゴ・スターが証言!今生きているポール・マッカートニーは偽物?

ポール・マッカートニーは1966年に交通事故で死亡し、そっくりさんに置き換えられていたと、元ビートルズのメンバー「リンゴ・スター」が発表した!?

World News Daily Reportが取り上げたインタビューの内容が世界中に衝撃を与えている。リンゴ・スター氏はこう語っているようだ。

ポール・マッカートニーは
偽物だった

「1966年の11月、ポールは交通事故で死んでしまったんだ。ぼくたちはみんなパニックに陥った。どうすれば良いのかわからなかったんだが、マネージャーのブライアン・エプステインはそっくりな人物"ビリー・シアーズ"を一時的な解決策として雇った。はじめは1-2週間だけだったんだが、誰も気付かないどころか、かなり良いミュージシャンでもあった。実は、ポールよりもうまかったんだ。ただ唯一の問題は、ジョンと仲良くできなかったことだ。みんな罪悪感があった。真実を伝えたかったが、世間の反応が怖かったんだ。最初にウワサがでたときに、ぼくらの間には緊張が張りつめていた。そして、それが限界に達した時に、ジョンはバンドを離れることになったんだ」-リンゴ・スター

対して、ポール・マッカートニーは疑惑を解消させるために自宅にて記者会見を開催。

「リンゴが歳をとって、心を失ってしまったことは知ってるよ。だけど、そんなバカな話で人々の関心をひく必要なんてないじゃないか。多分、ウイングス(ポールのバンド)がロックの殿堂入りすることに対してジェラシーでも感じているんじゃないかい?ぼくの人生の中で、これまでもリンゴの発言は酷いものばかりだったが、今回のは最悪だ。もしメディアに出たいっていうのでこんなホラ話をつくってるなら、ぼくに関係ない所でやってほしいよ」-ポール・マッカートニー

イギリスの調査機関
「MI5」も動いた?

英国機密諜報部MI5は、ナイトの称号を持つサー・ポール・マッカートニーのウワサの真偽を探る調査を開始すると発表。
さらに、ベルリン検察庁のスポークスマン、マイケルグリュンワルド氏も同様に、調査を開始することについて発言したそうだ。

実の娘に当たる人物も、
ポールを偽物と発言

「私は、今のポールが偽物だという証拠を沢山持っているわ。古い公文書のサインは偽物!サインは右手で書かれたものだけど、今のポールは左利きなのよ。しかも血液型も違う!今のポールを演じているのはビリー・シアーズにちがいないわ。兄弟のDNAを使って全てを明らかにするつもり」

これまで様々な偽物疑惑が浮上しては、年代別の歌を比較する動画なども話題を集めた。

音楽好きや、ミュージシャンの間ではこんな声もある。

「たとえ、元々のポールと違う人物だったとしても、偽物の功績も大きいよね」

ビートルズに関するウワサ話はこれまでも数多くのメディアに取り上げられてきた都市伝説的な要素も大きい。しかし、もし本当にポール・マッカートニーが偽物だったとしたら・・・、とんでもない大事件であることは間違いなさそうだ。

Top Photo : WIKIMEDIA COMMONS public domain
Reference:YouTube, World News Daily Report, World News Daily Report
※この記事は海外メディアによるジョークを元にした記事です。

リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
お値段は約7,000円(62.99ドル)。ちょっと高めですが、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をテーマにした、5種類の香りが楽しめるそう。
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
今年の10月頃、アメリカの高校生が投稿した動画からスタートしたと言われている「マネキン・チャレンジ」。その場にいる人たちがみんなマネキンみたいに止まってい...
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
好きな芸能人やアニメの影響で、コスプレしたり、完コピしたり。憧れの何かに影響されて、自分なりにマネする人は結構いると思う。デジタルアーティストのJan O...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
私がシアトルに住んでいると話すと、「何が有名?」と聞かれることが多いんですが、「スタバの本社がある街だよ」と言うと、けっこうみんなすぐにピンと来るみたいで...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。