有名人もハマる。「マネキン・チャレンジ」のクオリティが加速中

今年の10月頃、アメリカの高校生が投稿した動画からスタートしたと言われている「マネキン・チャレンジ」。その場にいる人たちがみんなマネキンみたいに止まっている様子を撮影する、というとってもシンプルな動画ですが、有名人やスポーツ選手が投稿を始めたこともあり、どんどんクオリティがアップしています。

大勢でチャレンジするのが
楽しいんです

動画を撮っている=動きがある、という思い込みがあるので、撮影者が動いているのに、映っている人たちが止まっていると、時間が止まっているかのような錯覚に陥ります。

みんな、絶妙なポーズでストップ。

準備するのはスマホだけ、という手軽さもマネキンチャレンジの魅力。とにかく大勢で集まってやってみたり。

錦織圭や
ポールマッカートニーも

錦織圭選手がアップしたこちらのマネキンチャレンジは、2,500以上もリツイート。

ブラック・ビートルズ(マネキン・チャレンジのBGMに使われまくっているレイ・シュリマーの曲)を受けてか、ポール・マッカートニーもピアノの前でストップ。

MTVは映画が話題の「ファンタスティック・ビースト」のマネキンチャレンジ。

アイデア次第で
みんなで出来ちゃう

 「#MannequinChallenge」のハッシュタグで、まだまだ世界中から新しい動画がアップされ続けているマネキン・チャレンジ(Instagramだけでも130万件以上)。

みんなで集まったときに挑戦してみては?

Licensed material used with permission by kaplanpathways, shalomslz_
ポール・マッカートニーは1966年に交通事故で死亡し、そっくりさんに置き換えられていたと、元ビートルズのメンバー「リンゴ・スター」が発表した!?World...
名実ともに世界のトッププレイヤーの仲間入りを果たした錦織圭。さらなる高みを目指す彼が今回対戦するのは、ノバク・ジョコビッチでもロジャー・フェデラーでもあり...
2005年から韓国に住んでいるドイツ人の映像ディレクター。そこで西洋にはない男女間にある差を感じることに。長く住めば住むほど、その問題は歴史や文化に影響さ...
男子テニスツアーの ロジャーズ・カップ準決勝は、第四シードの錦織圭が第二シードのアンディ・マレーに3-6、0-6でストレート負け。二戦連続の「BIG4」撃...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
2児の父であり、日本人であること以外に正体を明らかにしていないRIUと名乗る切り絵師。作品はとにかくバリエーションが多く、型にハマらない柔軟性とチャレンジ...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
普通に街を歩いていて、この状況に出くわしたら…。たぶんビクっ!ってしちゃう。仕掛け人のMark Jenkinsさんは、そんな風に人を驚かせるのが得意なアー...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
2010年2月、私は24年間勤務したANAを退職しました。病気から復帰してから3年間考え、新しいことにチャレンジしてみたいという気持ちが湧いてきたのです。...
サンパウロ上空を浮遊する怪しい人影を捉えた映像が発見された。よく見てみると、どれも首がない。しかも頭の代わりに付いているのは、ドローン?これは一体なんなの...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
ブラックライトって何?を簡単に説明すると「クラブやパーティーなどのナイトシーンで、よく見かける紫色の光」だ。白い服を着ていると、ひかって見えるのはコイツの...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
アメリカの動画メディアのCutが挑戦者たちに「10人から5組のカップルを当てる」というシンプルなルールのゲームを決行。似た者同士を組み合わせてみたり、ペア...
2014年の夏に話題となった「アイス・バケツ・チャレンジ」は、インターネットの影響力も加わったことで世界中に拡散され、大きな社会運動へと発展しました。氷水...