確実にフォロワーを増やす、Instagramの「30日チャレンジ」がキニナル。

2014年10月末の時点で、2億8400万人だったTwitterのユーザー数を上回ったと報じられていたInstagram。その後もぐんぐんと成長し続け、2016年にはTwitterの約2倍、6億人のユーザーを獲得することとなった。

Facebookにはまだ及ばないものの、国内でも10代〜30代の間では、ほとんどの人がアカウント所有者。今や、プロの写真家並みに“インスタ映え”する写真を撮れる一般ユーザーが、高い金額でオファーを受けていたりもする。

ついこの間、『フォロワーを買える自販機』について紹介したように、ひと昔前なら「そんなものにお金を払うなんて」と笑い話だったようなモノも、今ではバカにしてはいられない。

そのくらい、<Instagram上での評価・フォロワー数>は、世に売り出したい何かをプロモーションするうえで、武器になるのだから。

基礎をおさえる
「30日間チャレンジ」

DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。開発した彼らはエンタメ感覚だったかもしれないけれど、このBOXはインスタという独特な世界で、「数字を集めるコンテンツ」を30日間レクチャーしてくれるという機能に注目が集まっている。

<いいね!>を集めやすいフォトジェニックな写真と、ハッシュタグを毎日引いて、真似してみてもらいたい。裏には丁寧に解説まで一緒についてくるのだ。毎日続けていれば、色合いや撮り方、なにがイケているのかを感覚的に掴めるのではないだろうか。

個人アカウントとは別に商業用、ブランディング用のアカウントを立ち上げようと考えているのであれば、基本を抑えてフォロワーの心を掴む練習をしてから、オリジナリティを出していくっていうプランもアリじゃない?

Licensed material used with permission by DOIY
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
香川県の小豆島にある「マルカツ製麺所」。Instagramでほぼ毎日のようにそうめんの製法をUPしているが、そのフォロワーは4600人超。そうめんの美しさ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
今年の10月頃、アメリカの高校生が投稿した動画からスタートしたと言われている「マネキン・チャレンジ」。その場にいる人たちがみんなマネキンみたいに止まってい...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
Dima Yarovinskyさんは、“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作りました。
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
オーストラリア人アーティストのフィル・ファーガソンさん、23歳。どこから突っ込んだらいいのか分かりませんが、彼のInstagramには現在14万人を超える...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...