チャレンジできる時代に、「茶畑」から日本を変える。

無肥料・無農薬のお茶づくりを営む、奈良県にある「健一自然農園」の伊川さんへのインタビュー。

前編ではお茶づくりや茶畑の案内、中編では農地の活かし方や地域貢献を語ってくれました。この後編では、伊川さんがお茶づくりを目指したきっかけとともに、耕作放棄地から未来を変えていく、というビジョンについてお聞きしました。

高校で農業を教える塾へ
カバンには植物を詰め込んで。

伊川さんがお茶の道に進むきっかけは、10代の頃までさかのぼります。

「当時は、地球の環境保全や砂漠の緑化などに関心があったけど、日本はこれだけ緑が豊かなのに、山や農地や食を大切にしなくなっちゃっていて、そんな日本人なんか知らんわ! ていう感じでした。そして高校1年のときに、自然農法を提唱する福岡正信さんを特集するテレビ番組を観て、ものすごい衝撃を受けて。それから色々調べて、自然農を教える川口由一さんの赤目自然農塾が自宅から通える距離にあったので入塾し、毎月通って基礎を学びました」

375476a2d7e3c3916cfde207bd3149e18c53cdbb
茶葉を我が子のように愛でる伊川さん

「当時は、草履を履いて学ランで高校に通っていました。カバンには植物を詰めて、風変わりですよね。周りに共通の話ができる友達はほぼいなかったけど、たまに先生から農業の相談を受けることがありましたね(笑)」

そして高校卒業後、世界に出るかもっと山奥に篭るかなど少し悩んだそうですが、一番手近な里山の残る「大和高原」の地で、農地を借り農家になったそうです。

Fde3767c6138e2807787fd31535cfe7545314b9a
はじめに借りた茶畑は、こんなに荒れた土地だったという

伊川さんは取材中、茶畑の横にツタが生い茂って放置されている草むらを見つけ、こう話してくれました。

「こんな、ぼうぼうの草木が絡まった荒れた茶畑を37ヘクタール借りたのが始まりでした。当時はランボーのように、ひとりでひたすら毎朝5時から夕陽が落ちるまで開墾して草引きして。そしたら、ある日地域のおじさんが『兄ちゃん、こんなこと続けてたら死ぬで。うちの茶畑を使ってよ』と茶畑を提供してくれて。本気さが伝わったんでしょうね」

このように伊川さんの情熱と親しみやすい人柄は、地域の人々から信頼を得て、徐々に茶畑の範囲も広がっていくことに。

意思の強さがあれば、大変なことも苦労といとわず、想いがあれば、周囲も共感し信頼につながるんですね

2d9c8ac8ecc1616df4da83aa0c77a07c38aa0865
ツタの這う荒れた茶畑でも、良くみると新芽が育っていることがわかる

培ったノウハウを伝える立場へ
茶畑から日本を変えていく。

887ca3fa9590fce027fd480c8b78e2dc8e7eb88e

お茶づくりを続けて、17年。伊川さんは今、お茶を通じた未来の地域社会を描いています。

「日本の耕作放棄地は42万ヘクタールで、そのうち茶畑は1万ヘクタールあります。日本中の42万ヘクタールの土地は、放置され農薬も撒かれていない、浄化された資源ともいえる。僕はそこから日本の未来を変えたいんです」 

茶畑の耕作放棄地を活用した、循環した地域づくり、をめざしているのです。

「今でこそ10ヘクタールの茶園を栽培し、岐阜や他の地域で農法を伝えはじめていますが、預からせていただいているのは、どれももとは誰かの茶畑で、そのバトンを一旦僕たちが受け取っている状態。ゼロから始めるよりも、全国の耕作放棄地1万ヘクタールをマネタイズして、未来に受け継ぐ発想を持つことで、加速度的に良くなると思います。茶畑は何十年も育ち、毎年新芽も出ます。茎は三年晩茶にもできるし1年目から現金収入も可能。地域の高齢者の働く場も生まれます。

耕作放棄地を活用したお茶づくりを、各地域で小さくても循環させていくこと。それが、未来の地域社会を変えるために、自分ができる役割。地域にスーパーマンを探すんじゃなくて、重要なのは、その地域で暮らす一人ひとりが活躍できる産業づくりではないでしょうか」

伊川さんは「高齢化は課題ではない」と言い切ります。過疎化や耕作放棄地、雇用など、課題とされるものを可能性としてつなげるビジョンがあるのです。

Dc98ff81dd8e2a762aa7eb0e7ed87d02b4c7105c

また、お茶づくりによる地域内循環には、森林の活用も視野に入れているそうです。

「最近は、木材を活用するバイオマスにも注目しています。シンプルに熱源利用する薪や炭を使った製茶は、自然エネルギーを高い効率で活用できるシステムです。

日本の製茶機は大型化して、製茶工程で1kgの製品を仕上げるのに、約1Lの重油が必要なんです。それを山間部の間伐材を燃料に使いバイオマスエネルギーを使用した製茶加工ができれば、木材の活用につながります。このプロジェクトを今、企業・大学と連携して進めています」

人も自然の一部として生きる。
SATOYAMAの暮らしで
世界をリード

D99018040067cb54137001c5054a41e8c04345a0

奈良の山奥でお茶を生産するなかで、日本の変化と役割について、どのように感じているのでしょうか。

「”自然の調和する世界がちょうどいい”。そういう感覚を求めている時代です。首都圏で働く人々が一週間自然の豊かな地域で過ごして、病気になりにくいように睡眠や健康をマネジメントしていくことも大事。健康に生きるために、自然は切っても切れない存在です。本来、人は自然の一部です。

こういう動きが、里山を守り、水を守り、空気を守っていくことにつながる。全員が自給自足するということではなく、いま使っていない中山間地や森をきちんと手入れして、動物と共生できるビジョンを作り、日本が本来、日本の民が行ってきたSATOYAMAの暮らしを社会として実行すれば、世界の人々は必ず学びにやってくるはずです」

日本は、地方で解決できる手法を体現化して、世界の山積する課題へ知恵を共有していくべきと、伊川さんは語ります。

豊かな社会をつくるための
チャレンジができる時代

Dd1e84884323ab96b5b78232777e358dcd03f029

「今の時代って、ギフトですよ。世界からもまだ信頼され、日本経済もまだ強いし、生き方を定められた人にきちんとチャンスがやってくる。この世界を本当に美しく豊かな社会にできる! そこにチャレンジできるステージにいるんです」

ギフト時代の今、伊川さんは、世界を俯瞰して日本の現状をこう捉えます。

「Googleアースで日本の緑を見たとき、中国やアフリカのような砂漠化した状態ではなく、間伐されずボロボロだけど、森も水も残ってる。日本でできなくてどこでやるの、と思いますよ。伝統も技術も歴史もある恵まれた日本で、自然調和の社会を作っていく。それをさまざまな地域や人、企業などとも連携して、形にして、証明していきたいですね」

お茶から未来をつくる、という構想を情熱いっぱいに語ってくれた伊川さん。どれも未来へのプラスの発想で、みなぎるエネルギーと説得力、そして周囲をワクワクさせる魅力に満ちていました。

無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
前編ではお茶の工場を案内してくれた「健一自然農園」の伊川健一さん。次に案内してくれたのは健一自然農園が栽培・管理している茶畑でした。ここで伊川さんは、使わ...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
山口県のなかでも、主に瀬戸内海に面した宇部市や山口市阿知須(あじす)地域で古くから作られてきた漬物が「寒漬(かんづけ)」。昔は各家庭で作られていて、寒風に...
しばしばアグリテックの先進地という言い方をされる新富町は、こゆ財団を中心に地域版アグリテックに取り組んでいる。そこでチャレンジする国産ライチ生産者、新規就...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
「寝たきり」という言葉は、日本の高齢化が進むにつれて、どこかタブーのような扱いになってきました。たとえば「大変そう」「介護がきつそう」といったネガティブな...