日本のどこかで、数日だけオープンする特別なレストラン「DINING OUT」が美しい

Project Dining Out

日本に眠る愉しみをもっと。美しい自然、土地に宿る歴史や文化、風土に育まれた豊かな食文化。そんな土地の魅力を、時代を代表する料理人、クリエイター、そして、地域の人々と共に、世界に発信する活動体です。http://www.diningout.jp/ , Facebook

73_20150612234311_557aefff2e475

日本の地方には、まだまだたくさんの魅力が眠っています。しかし、残念ながらそのすべての魅力が引き出されているわけではありません。そして今、地域に根付いた食文化にスポットを当て、一流のクリエイターや料理人と「新しい価値」を生み出していく、DINING OUT(ダイニングアウト)というプロジェクトが注目を集めています。

食文化には、その土地の
“すべて”が詰まっている

73_20150612234311_557aefff2e475

151_20150915125041_55f795917ccbc

ダイニングアウトの一番の特徴とも言えるのが、一流のシェフを招き、数日間だけオープンする、プレミアムな野外レストラン。総合プロデューサーの大類知樹氏も「これには理由がある」と語っています。

「どう掘り下げていけば地域の魅力を伝えることができるかを突き詰めていくと、すべてが食文化に集約されるのではないかと気がついたのです。代々積み重ねてきた歴史や自然、伝統、文化、そうした風土を直接的に、間接的に反映されているのが“食”であり、その土地と食には必然の関係性があります」

一過性ではない、
長期的な地域活性化を

73_20150615123920_557e48e8566c6

ダイニングアウトは、地域の眠った魅力に、外部から“一流”の視点を加え、新たな価値を生み出します。地域の人たちが、自分たちでは気づいていない価値観をクリエイターや料理人が編集し、外からの目線で眠っている原石に光を当てていくのです。しかし、そこで何よりも大事なのは、地元の人たちの情熱。

「イベントが終わっても地元に何かを残せるように、レシピはもちろんのこと、運営マニュアルやプロモーションノウハウまで、すべてを地元のスタッフに公開しています」

01654_557579a62e6f8

日本に眠る価値を世界へ発信!

73_20150612234311_557aefff57587

158_20151021111752_5626f5d084307

一流のシェフを招聘することは、地域の人や、その土地の食材に対する最大のリスペクトを表しています。それにより、地域の人は自分たちの土地や食材に、気づきやプライドを持つことができる。その土地の素晴らしいストーリーを“お互い”に再発見していくこと、そこにダイニングアウトの本質はあります。

158_20151021111852_5626f60c77d46

「日本に眠る愉しみをもっと。」というテーマのもと、ダイニングアウトは佐賀県・有田や、新潟県・佐渡など、日本各地にそのプロジェクトの幅を広げています。

2016年3月26日(土)~27日(日)には、広島県尾道市にて「DINING OUT ONOMICHI with LEXUS」が開催。古くから様々な文化や人々の交流地となった港町「尾道」で、いったいどんなフュージョンが生まれるのでしょうか。今後も、その活動から目が離せません。

Licensed material used with permission by DINING OUT

日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
「生産者がこだわりを持って育てた地域の伝統的な食材を、シェフが素材の味を活かして料理しました」そんな言葉を聞いたとき、あなたはどんな食事を思い浮かべますか...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
「一切のムダを出したくないので、レストランをはじめます」。 そんな型破りな宣言とともに突如ブルックリンに現れた“残飯”レストラン「Saucy by Nat...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
32歳にして小学校教師から料理人へと転職を果たし、わずか6年でトップシェフとなった鳥羽周作さん。東京・代々木上原の「Gris」は、人生を豊かにかえる味と時...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です) -鳥羽 周作- 小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わ...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライ...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...