「HIVのシェフ」が作った料理で感染。それって本当だと思う?

カナダのHIV・エイズ患者ケアセンター『Casey House』は、HIVに関して未だに誤った認識を持っている人が多いことに対して、危機感を抱いている。

HIVの感染経路は主にこの3つ。

・母子感染
遺伝ではなく、出産や授乳時による感染

・血液感染
麻薬注射等で注射器を使い回すことによる感染

・性感染
セックスによる感染

参考:HIVと人権・情報センター

なかでも、報告されている感染のほとんどは性感染によるもの。今では、感染したとしても有効な治療を受けていれば、安全にセックスできるところまで医療は進化している。

それにも関わらず、「HIV陽性のシェフの作った料理を食べれますか?」という調査を『Casey House』が実施した結果、約半数がNOと答えたそう。

パスタでHIVが感染する?
そんなのありえない。

406a031bdbb19e190d433735ccee6d0c2cedc7a2

間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性のレストランをオープンさせた。

#SMASHSTIGMA
汚名を返上せよ

この企画は多くのメディアに取り上げられ、200席のチケットはすぐに完売。実は2日間限定オープンだったのだけれど、彼らの「確かな情報が浸透しない限り、この問題は解決しない」という思いは今でも拡散せれつづけ、予想以上の成果をおさめた。

エプロンには、HIVへの偏見に対して各々の訴えが記されている。

シェフを全員感染者で揃えたというメッセージ性の強さゆえに、SNSでは批判の声も見られた。けれど、少なくとも、このレストランで料理を食べた2日間のお客さんたちは、事実と異なる情報を安易に飲み込むこんではいけないと、改めて心に刻んだに違いない。

Reference:@caseyhouseto
Licensed material used with permission by Casey House
2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、有効なHIV治療を受けているので、人に感染させることはありません。治療...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止め...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
「Professor of Hip-Hop」の名前で知られているA.D. Carsonは、ヒップホップが研究分野。Ph.Dを獲得したクレムゾン大学に提出し...
白人至上主義を掲げる「オルタナ右翼」を支持する男性と「ブラック・ライブズ・マター」ムーブメントを支持する女性。一見、意見が合うことがなさそうな印象の2人だ...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...