「HIVに感染したら、もう恋愛はできないのですか?」

HIVが恐ろしいウイルスだという認識はあっても、感染経路や予防策、治療法などの情報を調べる機会はあまりないかもしれません。だからこそ、誤ったイメージが一人歩きしてしまうリスクもあるといえます。

正しく認知してもらいたいという思いから、ひとりの患者がこんな問いを投げかけました。

HIVに感染したら、
もう人としての魅力はないのですか?

2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、最も理解してほしいことのひとつとして、この事実を教えてくれました。

「私はHIVを感染させることはできません。まだ信じてもらえないことが多いけれど、本当なんです。有効な治療を受けているからです。同じように、感染を防いでいる人は何万人もいます。

有効な治療を受けていれば、血液中のウイルス量を非常に低い水準、つまり"検出できない水準"に減らすことができるのです」

これは、流行開始以来の大きな進展でした。つまり、安全にセックスをすることも、子どもを持つこともできるということ。彼女には息子と娘、ふたりの孫もいます。

HIVだという事実だけで、その人の魅力に目を向けてもらうことは出来ないのでしょうか?新しい恋愛をしてはいけないのでしょうか?そんな問いかけを、Samanthaさんは繰り返していました。

「HIV=感染」というイメージだけが一人歩きしてしまい、こういった医療の進歩や、患者の精神的負担についての認知が置いてけぼりになってしまっている問題が、特にこの病気では起こりやすいのではないでしょうか。

誰にとっても、
他人事ではないはず。

彼女は感染が発覚してから、「動物とセックスしたの?」「どれだけの人と寝たの?」という質問を繰り返しされ、看護師さんからも、触れないようにと差別を受けた経験があると言います。

いくら医療が発達しても、イメージが払拭されなければ、精神面の負担は解決できない。そう思った彼女は、HIV感染を止めるのをサポートすることと、認知を目的としている慈善団体を支持し、個人的にも講演や寄稿することで、もっと理解を広げるために、日々活動をしています。

「HIVはもはや、長生きを願う人生を妨げるものではなくなりました。普通に幸せな、他の人の日常と変わりません。私は感染者として生きる人生の中で、誤解や偏見と戦い続けるつもりです」

Licensed material used with permission by Samantha Dawson
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止め...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
高強度ありながら“肌に最も近い素材”と言われる、ハイドロゲル製のコンドームの開発競争が、近年激化しています。この次世代型コンドームの登場により、エイズウイ...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏がエボラ出血熱の感染拡大を阻止する為に「25億円の寄付」を行ったことが話題になっている。フェイスブックに...
「一般的にはこう」と決められているような事柄を、一歩引いた視点で見つめ直し、考えを正す。その結果、人生がより充実する、なんてこともあるでしょう。「Thou...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
振り向いてくれないことをわかってて、それでも片思いをはじめる。そんなこと、大人には難しい。
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...