「農業は儲からない」なんて言わせない。跡取り息子の経営センス

厚真町で代々続く畑作・稲作農家の後継者、堀田昌意さん。

市場価格の落ち込みから町内では栽培する人が少なくなった原木しいたけを売り上げの主力作物へと育てるなど、農業経営センスをいかんなく発揮してきました。現在は北海道農協青年部協議会の役員もこなし、広い視点から町の農業を見つめます。電卓をたたいてはじき出した“本当に利益率の高い農業経営”とは——。

堀田さんの、厚真町農業に掛ける思いを伺いました。

売上が落ちた商品を、主力商品へ。

7bd57dcedbd019cc87758f86b5ba6c3449d33526

——堀田農場の主力作物は原木しいたけ栽培と伺いました。原木しいたけは、菌床しいたけと比べてどのような特長があるのでしょうか?
堀田:原木しいたけは歯ごたえが全く違います。菌床のものより水分量を抑えられるので、繊維質がしっかりしていて、軸まで食べられますし、石付きも汁物の出汁をとるのに使えます。それから日持ちが良いですね。しょう油やバターを落としてもいいですが、網で焼いただけでも抜群においしいです。

——どのように栽培するんですか?
堀田:毎年2月頃、厚真町内の山から仕入れたナラの原木にしいたけの菌を植え付けます(植菌)。そのほだ木をハウスの中に横積みし、水を掛けたり、温度を保ちながら菌を生育させます(活着)。そして、4〜5ヵ月経つと収穫できるようになります。収穫後はほだ木をいったん別のハウスに移し、冷たい水に浸してから空気にさらし、紫外線をカットした状態で1ヵ月ほど休んでもらう。それを再び収穫用のハウスに入れると、しいたけが生えてくる。これを12サイクルくらい繰り返します。

03f31be3b9f851c7adeeee8f9e3e3117e8090cd8

経営センスで「儲かる農業」を。

——北海道の冬は畑作業ができないから、その時期に仕事があるのはいいですね。
堀田:1年を通して農作業ができるということで、祖父が始めました。当時は500万円を投資すれば2,000万円の売り上げになったので、しいたけバブルだったんです(笑)。町内では30戸ほど生産していたみたいですが、今はうちを含めて原木栽培が2戸。菌床栽培を含めても10戸もいません。

菌床しいたけ栽培が伸びてきたことで原木しいたけの市場価格が下がり、1kg当たり700円を切った辺りでバタバタとやめていきました。残念ながら市場単価は今も戻っていませんが、うちはほだ木の本数を減らしながらも生産量を維持することで何とかずっと原木栽培を続けてきました。

——それだけ、原木しいたけ栽培は手間がかかるということですよね。
堀田:そうですね。ハウス内の温度や湿度の管理、ほだ木を並べ替えたりする大変さはあります。1日の生産量も菌床のほうが多いです。でも10年ほど前から差別化を図るために販売やPR方法を工夫したことで、消費者が違いを分かって原木しいたけを選んでくれるようになりました。また、僕らのしいたけ生産組合は販売ルートを変えることで販売量を確保してきました。これまでは、作ってとにかく市場に卸すという方法でしたが、今は仲買を通して注文量に応じる形にしています。そこでさばききれなかった分は他でも販売できるように、4本のルートを持っています。そうやって、最終的に生き残るのは原木しいたけじゃないかなと思っています。

B56aa1d6e5251afb774f9f421d7a19cc2c1d3b23

——原木しいたけの他には何を作っているんですか?
堀田:大豆、南瓜、麦、米を田畑輪換(農地を数年ごとに水田と畑に交替利用する方式)で栽培しています。耕作面積は全部で32haくらいですね。田畑輪換のメリットは、連作障害を防いだり、田んぼから畑に戻した時や米から大豆にした時に、土壌に残っている栄養だけで作物が育つところ。稲わらや麦稈などの残渣物を土に戻すことで、微生物(根粒菌など)が良い働きをしてくれます。排水性を良くするなど圃場を整備する手間はありますが、慣行栽培より10a当たりの収量が高いし、化学肥料や農薬を減らすことができる。そういった工夫で、少しでもコストを削減しようと考えています。

 

このように、堀田さんは持ち前の経営センスで「儲かる農業」を実践。後編では、そんな堀田さんが農業にのめり込んでいった過程と、今後についてを紹介します。

堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
愛知県名古屋市で教員生活をしていた山田忠男さん。定年退職を機に、北海道の厚真町で羊農家に挑戦しました。厚真町唯一の羊農家となり、羊肉を出荷しています。羊の...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
しばしばアグリテックの先進地という言い方をされる新富町は、こゆ財団を中心に地域版アグリテックに取り組んでいる。そこでチャレンジする国産ライチ生産者、新規就...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
農業ブームなんて言葉もありましたが、いまだに「大変そう」「汚れそう」といったイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、そういったイメージを覆して「...
「イチゴ」という農作物を通して、日本の農業システムのあり方に一石を投じた起業家の岩佐大輝氏。これまでの軌跡をたどった電子書籍『甘酸っぱい経営』は、そんな岩...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
農的なライフスタイルを学ぶ場としてオンライン上に登場した「The CAMPus(ザ・キャンパス)」。生産するということは創造することだと考えてみれば、農を...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
日本一若いいちご農家こと、たいぴー夫妻。宮崎県の日南市へ移住して「くらうんふぁーむ」という農園を経営しているんですが、約2年前から、農家1年目にも関わらず...
美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。一方で、そんな...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み...