週末だけグルメぶってみる?会員制の「食のコミュニティー」

Uber EATSをはじめとするオンラインの宅配サービスや、Amazon Goのような店舗運営を自動化する動きが、世界で急速に加速している。

一方で、そんな合理化や効率化とは逆のムーブメントも。

たとえば、東京・青山の国連大学前で、毎週末開かれているファーマーズマーケット。 スーパーで買い物するときは、生産者との関わりなんて、せいぜい「農家〇〇さんの野菜」なんて文字や顔写真を見る程度。それがファーマーズマーケットでは生産者から直接野菜を購入できるということで、食に関心が高い人たちを中心に、にぎわいを見せている。

そんなファーマーズマーケットが、昨年から「会員制のコミュニティー」を始めたのだという。

体験をとおして「食」を探求!

6298110850498560

昨年からファーマーズマーケットが始めた「Farmer’s Market Community Club」。

会員費は、月3000円(税別)。 入会すると、毎週日曜に開かれている食事会や、農作業を手伝う体験ができるファームツアーなどに参加できる(過去の活動内容は公式HPにて)。

ところで、今までもファーマーズマーケットという場所でひとつのコミュニティが形作られていたはずだけれど、なぜあえて「コミュニティクラブ」をスタートさせたのだろうか。運営者のひとり、田中亘さんに尋ねてみた。

53646724547215364753539142254592

ー2009年からファーマーズマーケットを開催されてきて、このタイミングで「Farmer’s Market Community Club」を始められたのは何かきっかけがあったのでしょうか?

ここ数年で毎週末のファーマーズマーケットに加えて、会場の中庭を利用したイベント(Raw Tokyo、Nordic LifeStyle Market、Craft Market、Sake Flea、Coffee Festival)も増えてきていました。

また、石川県の古民家を改装したプロジェクトTAKIGAHARFARMなどが始まるなかで、自分たちのマーケットの活動はもちろん、ここに集う多様な人たちが気軽につながり、交流をし、学んでいける場の必要性を感じました。

通常のマーケットもある種一つの大きなコミュニティであるといえますが、そこからもう一歩踏み込んで、食を中心にマーケットに集う人同士が繋がり、お互いに顔見知り以上の関係になっていくことで、より一層マーケットのコミュ二ティも深まり、発展していけるのではないかと考えています。

ー農家、料理家、お客さんが一緒に食事を囲むことの意味をどのようにとらえていらっしゃいますか?

おいしい食事の前で、農家さんも料理人の方もお客さんも肩書き関係なく、テーブルを囲む場がそもそもあまりないので、まずは何か目的を持つというよりも、そうした食に携わっていたり、関心を持っている人たちが集まれる場をつくりたいと考えました。

そのうえで、食においてさまざまな情報があふれるなかで、例えばいきなり善悪の判断をするのではなく、コミュニティークラブのメンバーで食事をしながら情報交換をしたり、まずは「知る」ことからはじめていきたいと思いました。そのためには美味しく楽しく食事をすることからはじまり、実際に農家さんの畑に伺うFarmTourや、自分たちで勉強会を開いていけるようにと考えています。

5862639150301184

最近、野菜の値段が高騰しているけど、もっと食事を数字や情報以外からも見ていけたら、日々の食事の時間はもっとおもしろくなるのかもしれない。

ふだんは仕事に追われて、食事はとにかく手早く済ましてる人も、週末だけ美食家気分を味わってみては?今後のFarmer’s Market Community Clubのイベントは、コチラをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Farmer’s Market Community Club, (Facebook)
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
しばしばアグリテックの先進地という言い方をされる新富町は、こゆ財団を中心に地域版アグリテックに取り組んでいる。そこでチャレンジする国産ライチ生産者、新規就...
食べるだけじゃなくて、見ることや聞くこと。その場の雰囲気を楽しむのも“美味しい食事”だと私は思う。今回紹介する「Project 52 times」は、1年...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...