結婚生活37年「今日はなに着てく?」こんな会話から一日が始まる

ある夫婦のペアルックが世界中で話題になっている。

ペアルックのコーディネートを楽しんでいる「bonpon511」さんは正真正銘のご夫婦。bonさんが旦那様で、ponさんは奥様。511は結婚記念日である5月11日から。仲良いご夫婦がお決まりのペアルックではない。カラーや柄を合わせてゆる~く統一感をもたせる、この「阿吽の呼吸」なテクこそ、ペアルック上級者の証。

国内外のメディアで取り上げられる機会も多く、昨年12月にはじめたInstagramのフォロワーは、あれよあれよという間に36万人超え。「二人のような夫婦になりたい」、「素敵な年齢の重ね方をしたい」、そんな憧れの声が数多く寄せられている。

どう?とっても素敵だよね。

二人の姿を見ていると、オシャレに年齢は関係ないって思えるし、夫婦は長い時間を過ごすと似てくるという定説も好意的に捉えられる。海外からのコメントも、二人のセンスやスタイルを賞賛するものばかり。きっとそれは、ゆる~いペアルックを通じて夫婦の仲のよさが、1枚1枚の写真から伝わってくるからなんだよね。

また、bonpon511さんのコメントを見ると、年齢に見合ったハイブランドだけではなく古着やファストファッションまで幅広くセレクトしているのが分かるし、そういう点からも真のファッショニスタなんじゃないかと思う次第。日本にこういう夫婦がどんどん増えていったら素晴らしいんじゃないかって感じる。

「オシャレは自分が楽しいのが一番だと思います。年齢や周りの目は関係なく、自分が着たいものを着たらいいと思いますよ〜」

年相応ではなく、年齢を重ねたからこそどんどんチャレンジしていく姿勢。僕も、改めて見習わなくちゃ!

Licensed material used with permission by bonpon511
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われた...
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
スマホが普及して、SNSを利用する人が爆発的に増えました。みなさんの中にも、Instagram、Twitter、Facebookなどで、食べたものや、街中...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
「Craigslist」がこの世に生まれてから約24年。ついに公式アプリをローンチした。
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
世の中には自分の体型を気にする女性がたくさんいます。ブロガーであるJamie JeTaimeは、世の中的には「デブ」と言われる体型。だけど、彼女のポジティ...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
一体何味なのか公表されないまま発売される「ミステリーオレオ」。フレーバーを当てた人のなかから抽選で5万ドルが当たるという夢のような企画。2019年今年のフ...
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
10月3日、「H&M」は老舗セーターブランド「Pringle of Scotland(プリングル・オブ・スコットランド)」とのコラボラインを発表した。今回...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
でもきっと、あっという間。
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...