「なりたい自分」を実現する、シンプルなヒント

「ここ数年でファッションコーディネート本が増えたのは、スタイリング(好印象に見せる技)に失敗している人が多いから」

そう語るのは、フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書の『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』では、センスを磨くためには「スタイリングをアップさせることが重要」と訴えています。

今回はライフスタイルに目を向けて、どういう思考を持てば好印象に思われるのか。基礎となる部分をレクチャーしています。

あなたの理想の
「ライフテーマ」は?

1f682c787796b87ea71cf6a71f0d22496ee443fb

毎日を過ごす中で重要なのは「こうなりたい」という理想の生活を頭の中に描いておくということです。この思いを持っているだけで、生活にハリが生まれます。ただなんとなく過ごすよりも、断然意味のある日々を送れることでしょう。

その計画は「将来的に海の見える高台で犬と一緒に暮らしたい」「小さな庭でガーデニングを楽しみたい」など、何でもOKです。まずは、あなたが「こうなりたい」と思う具体的なイメージをどんどん広げてください。あくまでもあなたの夢の中なので遠慮はいりません。

女性の中には「私の思い通りにいくわけがない」「ワガママで強欲な女性だと思われそう」など、自分の理想像すら描けないという人が多くいます。幼い頃から慣れ親しんだ社会性が邪魔をして、自分の夢でさえも気持ちを抑えてしまうのです。

でも大丈夫。あくまでも理想は理想。夢の中だと割り切って、ちゃっちゃと想像してみましょう…。ここまで言うと、女性は本来の強さを発揮します。「夢ですものね。お金もかからないし、考えるのは自由だもの」と、けっこう簡単に割り切れます。経験上、ここで割り切れなかった人は過去0人です。

もしイメージがまとまらず思い浮かばないという方のために、具体的なイメージが湧く練習方法を紹介しています。

ビジュアルマップを
制作する

夢のライフスタイルを描くときに役立つのが、ビジュアルマップ作りです。あなたが「好き!」と感じる写真を、雑誌やネットなどからどんどんピックアップしていきましょう。

「家は真っ白いモダンな感じ」「インテリアは木のぬくもりがあるもの」など、自分の趣味と似たものを探すのです。何度もこの作業を行うと「私ってこの色が好きだったんだ」「カワイイ雰囲気が好きだったけど、癒されるインテリアに目がいく」など、普段生活しているだけでは素通りしていた、本来の好みに気がつきます。

もし決まらなければ「これだけは譲れない」という、欠片だけでもかまいません。そのイメージからどんどん膨らませていけば、目標に近づくことができます。ここまでくれば理想のライフテーマが思い浮かんでくるはず。

難しく考えずに、まずはトライしてみましょう。

ライフテーマは
できるだけ簡潔なものに

691a25ae6a921c11e9e428e42541b574560db209

ちなみに私(筆者)の場合、変わらない理想像は「明るくスッキリ暮らしたい」ということ。とにかく暗くて、狭くてごちゃごちゃしたのは苦手です(笑)。ライフテーマの根本が決まっているので、ここからブレることはありません。何かを選ぶときも常に「暗いのも汚いのも嫌だ」と揺らぐことがないので、必然的に自分軸で判断しています。

このように、できるだけ簡潔なものにしておけば、どれだけ歳をとっても応用が効きやすくなります。たとえばあなたが「優しいほっこりした生活」というテーマを決めたなら、30代で子育てに忙しい時代のほっこりさと、50代でゆとりが出来たときのほっこりさは、また違った味わいになりますよね。

「こうなりたい」という目標を立てる→生活のテーマを決める

これだけであなたの毎日は一変します。あなたらしいライフテーマ、ぜひ考えてみてください。

「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われた...
スマホが普及して、SNSを利用する人が爆発的に増えました。みなさんの中にも、Instagram、Twitter、Facebookなどで、食べたものや、街中...
会話の引き出しや持ち物、ルックスや雰囲気がキラリと冴えわたっている“センスがいい人”がいます。ここでは、そんな周囲から一目置かれるセンスがいい人に共通する...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
ある夫婦のペアルックが世界中で話題になっている。ペアルックのコーディネートを楽しんでいる「bonpon511」さんは正真正銘のご夫婦。bonさんが旦那様で...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
どことなく上品で笑顔を絶やさない、素敵な女性に憧れるものの、ガサツな自分には無理!と思っている女性のみなさん。それはもったいないことです。あなただって「素...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
大切な奥さんには、やっぱり「素敵!」って思われたいですよね。
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...
「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらい...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...