「本物の男」になるため、心に留めておきたい10ヶ条

男とは何か。男らしさとは何か。ジェンダーの多様性が語られるようになった現代では、はっきりと答えることが難しくなってしまった問いのひとつです。そんな時代だからこそ、もう一度「古き良き男の姿」を思い出してみてはどうでしょうか。

ライターのPatrick Armenさん「Elite Daily」に寄稿した、「男らしさ」の10ヶ条を見てみましょう。

01.
心の余裕から生まれる
「ユーモア」のセンス

6473cee4e3c00e653a0e47b831102f462ad67f08

ただウケ狙いの笑いを取ることが、男のユーモアではない。真のユーモアとは、心の余裕から生まれるもの。

人生は、過酷な問題の連続だ。とくに困難なことに直面したときに「笑い」を生み出せる男性こそ、あらゆる問題を解決できる「真の男」だ。

02.
すべてに目的と
美学がある

ただ生きていくために漫然と働くのは、真の男ではない。何を食べるのか、余暇に何をするのか、どんな道を選ぶのか。そのすべてに自分なりの美学があることが大切だ。

毎朝目覚めたときに、自分に問おう。どんな男になりたいのか。何をなすために生きたいか。そして、どうやって自分の名を残しのか、と。

03.
日々鍛えている肉体

18af072421f414db660ea4b8230670a99e6fab7e

男の肉体は、フェラーリと同じだと言えるかもしれない。その性能を引き出すために必要なのは、最高の燃料と、確かなメンテナンスだ。日々の鍛錬が、いざというときに全力を出せる美しい肉体を作る。

トレーニングは大なり小なり痛みを伴う。毎日その苦痛に打ち勝ってきた健康的な肉体こそ、男の最大の武器となる。

04.
冷静沈着で、忍耐強い

怒りにまかせて我を忘れてしまうようでは、真の男とは言えない。男たるもの、冷静沈着でなければならない。

誰かが目の前で怒り狂っていたとしても、そこに引きずられてはならない。まずは相手の感情をすべて吐き出させよう。感情の渦に飲み込まれている人は、悪ではない。やがて落ち着きを取り戻せば、話し合うことができるはずだ。

Ed9ceeab46b0d21ce9422dbb35ba962a2a2959be

05.
「感謝」の気持ちを忘れず
愛に溢れている

男の愛は、限りないものであるべきだ。ただそこにいるだけで、太陽のように周りに愛を与えよう。それは愛する女性のためだけではなく、生きとし生ける、すべてのものへの愛だ。

まずは、感謝することからはじめよう。日が昇ることも、生きていることも、何ひとつ当たり前のことなどない。満員電車に揺られる全ての人が、それぞれの心の痛みを抱えながら、社会のどこかで役立っているのだ。あらゆるものへの感謝の気持ちが芽生えたとき、溢れる愛が胸の内にあることに気づくだろう。

06.
悲しみを受け入れてきた

本当の自信は、いったいどこから来るのだろうか。それは自分の魂の奥からだ。細かいことに一喜一憂する必要はない。男にとって、自分を変えられるのは自分自身だけだ。

悲しみに惑わされてはいけない。すべては長い旅路のなかで出会った物語だ。受け入れ、自分のものにした悲しみの数だけ、男は強くなる。

07.
人と関わり、行動し続ける

92d63c15ca78605ae8bd12d44279b07e11c67fe9

自分ひとりでできることなど、たかが知れている。他人と力を合わせてこそ、大きなことが成し遂げられるのだ。

だからこそ、真の男はつねに行動し続ける。部屋のなかにひとりでいても、世界は変わらない。行動し、人と関わり、影響を与え、また与えられることによってのみ、何かを完成させることができるのだ。

08.
「自分らしさ」が
センスをつくる

真の男のかっこよさとは、単なる外見のことだけではない。流行を追い求めて着飾るのではなく、自分の美学を表現することこそが、真のセンスだ。

自分が身につけるものの価値を、他人に決めさせてはいけない。単に高価なものや、流行っているものは必要ない。自分がこれ、と決めたものだけが身に纏うに値するものになるのだ。

09.
一流は「原石の女性」を
磨きあげる

6e6e5b689c48938d11a391207b3096c2dfc4acde

強い男には、美しい女が必要だ。しかし、外見だけの美しさには価値がない。内面から湧き出る魂の美しさが外側にまでにじみ出たものこそが、本当の美しさだ。

だからといって「美しい女を得よう」とするのは二流の男だ。どんな宝石も、磨き上げられてはじめて輝くもの。一流の男は、原石の奥に光るきらめきを見つけ、自分の手で磨きあげるものだ。

10.
自分の世界観を
持っている

誰に理解される必要もない、己の美学だけが存在する世界。

真の男は、自分のルールに従って行動する。自分が正しいと信じるもの、美しいと感じるもの、なすべきと思うもの。何人たりとも立ち入ることのできない己の世界が、男の証明につながるのだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われた...
もしもあなたが別れた彼氏との復縁を望むなら、切り出すタイミングや態度を考える必要があります。直球もいいですが、駆け引きこそ恋愛の醍醐味。感情的に、さめざめ...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
どんな親も、子どもの幸せを願うもの。そのために教えておくべきことは何でしょう。責任を持つこと?何事にも一生懸命になること?「Inc.」のJeff Hade...
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
ひと言で「いい男」と言っても、その捉え方は様々です。映画やドラマに出てくる男性像をイメージするかもしれませんし、父親や上司など身近な人を思い浮かべる人もい...
男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
ものごとを赤裸々に語る口調から、多くの女性に支持を得ているNYライターのZara Barrie。彼女が「Elite Daily」に綴ってくれたのは、「本物...
最愛の彼女に振られた男性も、魅力的な男になるための努力をすれば復縁できる可能性も。彼女にもう一度恋をしてもらえるような、そんな男になるために以下の5つのア...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
どんな女性も、もっと素敵になるために、心に留めておくべき言葉があります。ここで紹介するのは「Elite Daily」のBrannan Bellさんがまとめ...
よく「優しい男がいい」という女性がいますが、「優しいだけの男」は決してそれには当てはまりません。ただ、ここで紹介する「いい男」は、総じて本当の優しさを合わ...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...