大人になるって結構しんどい。でも、いいことだって……。

30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするんだ。

そんな時、子どもな自分と大人の自分との葛藤を描いた漫画が、心に突き刺さった。青いマメのような姿をしたキャラクターが主人公。彼のセリフに思わず頷いてしまう人も多いのでは?

01.
「答え」はいつも自分の中

(1)「はぁ…なんか、あの人との関係をどうしたらいいのかわからない。」

(2)「そうだねぇ。でも、わからないって言っている時って、実は心では答えが出ていることもあるよね。」

(3)「わかってる。」

02.
クリスマスの前に

(1)「あーもう待てない!今すぐ開けたい!」

(2)「!」

(3)「そっか~。ボクはもう大人なんだから。」

03.
心のスイッチ

(1)「やあ!なんだか幸せそうだね。」

(2)「そう?イイことがあったんじゃなくて、心をオフにしてたんだよ。」

(3)「とっても健康的な対処法だよ。でないと後で泣きを見ることになるからね。」

04.
嫌なものはイヤ

(1)「ねえ、Facebookでチャットしない?」

「ムリ。」

(2)「じゃあ、メールするね!」

「やめて。」

(3)「もういい!電話するから!」

「お願いだから、やめてよね。」

05.
頭の中だけの本音

(1)「時々ね、死んだら誰に取り憑こうかなって考えるんだ」

「頭の中だけにとどめておいた方が良いこともあるって、覚えときなよ」

06.
傷つくこともある

(1)「ねぇ、どうしたの?」

(2)「ぼく…僕ね、失恋したんだ。もう、辛すぎてどうしたらいいのかわからないの。」

(3)「そうなんだ…でもね、長い人生の中で傷つくことなく生きている、強い人間なんてどこにもいないんだよ。」

07.
自分の限界は、
他人の方が知っている

(1)注意!1,000,000マイル先、“感情の崖”(落下注意)

「ふーん。」

(2)崖まで100マイル

「おいおい!その先には感情の崖があるぞ!気をつけろよ。」

「うん、わかってる~。」

(3)崖まで10マイル

「おい!やめとけって!感情の崖が…」

「大丈夫、大丈夫。」

(4)「おいおい、冗談だろ」

「あ〜僕よりも、よくわかってるね。」

08.
病気の時くらい

(1)「あぁ、遊びたいよ…。でも、具合が悪くて外に出れない。」

(2)「やっぱり、遊びに行きたい!」

(3)「でも、具合が悪くて行けない…。」

「あのさ、君って病気の時って、いつもこんなに騒がしいの?」

09.
やっぱり我慢できない!

(1)「!」

(2)「あー、もう!!!」

「ちょっと…どうしたの?」

(3)「なんでもない。ちょっとイライラしてただけ。」

「あーそう。」

10.
大人としての意見

(1)「じゃあさ、君は酔っ払って誰かに本音を言っちゃった。なんてことは、ないんだね?」

(2)「僕はただね…自分の考えを伝えるために、酔っ払う必要はないって思うんだ。」

(3)「………。」

(4)「わぁ、珍しく大人だね。」

「うん、僕も自分が怖いくらい。」

Licensed material used with permission by Meichi
人気メディアの「YourTango」から、母親ブロガーが紹介する子供たちに教えがちな教訓。それは意外にも、大人になっても学べるものもあります。
子どもの頃はわからなかった、大人の世界。いつの間にかそっちのほうが当たり前になり、大人ならではの悩みに共感するようになってくるものです。UKを拠点に活動し...
この漫画は、アーティストを目指すひとりの少女の物語。ゆくゆくは成功を収める彼女も、努力をするきっかけには、子どもの頃に出会った先生からの「励まし」がありま...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
大人になった今も、あれが何だったのかは、わからないまま。
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
片想いは苦手です。だって辛いし、ハラハラするし、楽しむ余裕なんてない。駆け引きできるほど、大人じゃない。こんな想いを抱えているあなたは、きっと、ううん、絶...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
実家を離れて、一人暮らしも順調。家賃もなんとか払えているし、部屋もそこそこ綺麗。でも、その生活スタイルを深く掘ってみると、案外まだ「子ども」な部分が見え隠...
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
「子供だから」できないこともあれば、「子供だから」できることも。10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くんは、持ち前の行動力で出版社に直接「本を出したい!」...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
成長って、自分ではなかなか実感しにくいものですよね。自分の意識としては、昔と全然変わっていない、まだまだ子ども、なんて気がするものです。でも、誰だって自分...