ブランコ乗って、床に寝転んで。テート・モダンにできた「大人の遊び場」

ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。

そのテート・モダンに新しく作られた展示を紹介します。ナニこれ?どう見ても「ブランコ」なんですけど。

童心に帰って、ゆ〜らゆら

まさに“大人のための遊び場”。One Two Three Swing!は、今年で3回目を迎えるヒュンダイ・モーターズとのコラボ企画。

今展では、大人3人が横並びで腰掛けられる22台のブランコが設置されました。それぞれのブランコはオレンジ色のパイプで繋がっていて、上に吊るされている振り子もそれぞれが繋がっているんだとか。

こうしてビジュアルだけ見ると、正直…シュール……。

ちなみにこのおじさん3人組が、今回のインタラクティブなアート作品を作ったDanish collective SUPERFLEXのメンバー。 美術館にブランコという不一致を、どういったコンセプトで作ったんでしょうね?

無関心、創造、行動。

なんでも「人々の政治や環境問題、経済危機に対する無関心さを、インタラクティブなアートで変えていこう」という考えの元にデザインされたものなんだとか。

写真上は広々したタービン・ホールの展示。3つの段階に区切られていて、20メートルのケーブルで吊るされている振り子が表すのは、人々の「無関心さ」。ブランコが設置されていないカーペットの上は「創造」を、ブランコは「行動」と、3段階でそれぞれ構成。うーん、聞けば聞くほど難解。

頭上を行き来する振り子は、自分たちの意志で漕ぐブランコとは対照的なものとして見ることができます。このオレンジのパイプがブランコを繋げているように、ロンドン中を人々のインタラクティブな行動で席巻するというのが彼らの狙いだそう。

「"3人がけ"のブランコにも意味があるんだ。3人集まってブランコを漕ぐように、社会でも人々が協力して活躍していければいいなと思っているよ。僕らのようにね」

なるほど、ね。

ジャケット姿のいい大人が、こんなふうにしてカーペットに寝転がったり、ブランコに乗っているっていう図が、すでにアートっちゃアートなのかもしれない。

そうそう、彼らの展示は入場無料で、2018年の4月2日まで。ロンドンに立ち寄った際には、童心に帰ってブランコを楽しんでみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by Hyundai Commission
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
サンフランシスコに住む人たちにとって、身近な移動手段であるベイエリア高速鉄道(通称:BART)。毎日多くの乗客が利用するこのBARTの車内に、ある日突然ブ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
「THREE」を展開するACROは、9月からメンズコスメブランド「FIVEISM × THREE」をローンチすると発表しました。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...