もしも、電車のなかに「ブランコ」があったなら。

サンフランシスコに住む人たちにとって、身近な移動手段であるベイエリア高速鉄道(通称:BART)。毎日多くの乗客が利用するこのBARTの車内に、ある日突然ブランコが出現。いったい、なぜ?そして誰が?

ちゃんと大人もこげる
ブランコ

F3848b35ebddec2b5af2e2463bd5f34bec9f5a20

車内に現れたのは、ブランコ。吊革を使って設置された、実際にこぐことができる本格的なものです。

Ffd7aa4f40aad4f30d5446c063481535fa662394C6c658ec7ab4f56582e8fb2102d492ffeaa9a30b

最初は戸惑っていた乗客も、恐る恐る乗ってみる人が出始めると、いつのまにか順番待ちに。

テーマは
「クリエイティブなジャマなもの」

じつはこのブランコ、アーティストであるHunter Franksさんの作品。彼の活動は「Creative Interventions(クリエイティブなジャマなもの)」と題されていて、まったく必要のないようなものを日常の中に置くことで、毎日の生活をちょっとハッピーにしてしまおうというもの。

たとえば移動時間って「目的地に早く着かないかな」と、気が急いてしまいがち。でもこんなブランコがあったら、電車で移動するのが楽しくなるかもしれません。

実際にブランコに乗った人たちは、見知らぬ者同士にも関わらず、「楽しかった!」と会話をはじめたそうです。

彼は「#noBARTwithoutART(アートがなければ、BARTじゃない)」というハッシュタグを使って、まるでBARTの認可を得ているかのようにSNSで呼びかけるなど、その手口はかなり強引。ですが、

「お互いが無視をして、スマホを凝視しているような風景を変えたかった。みんなの通勤時間を楽しいものにするにはどうしたらいいのか、って考えたんだ」

と。

余計なものが
心の余裕を生む

732b2b3b827c0afc74034f19956accbfa9f811e6

Franksさんは他にも、券売機手前の床に「けんけんぱ」をする模様を描いたり、心が温まるメッセージ(夕焼け注意、など)を書いた標識を勝手に設置してしまったりと、いろいろな「ジャマなもの」をつくっています。

407f8212b69602e753350e7434b7bafc6433e1e3

何かと、効率を追い求めてしまう都市の生活。でもこういう余計なものが生み出す心の余裕が、より良い人生を過ごすためには必要なのかもしれない、と思わされますね。

Licensed material used with permission by Hunter Franks
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
ロシアで話題のイケメンYouTuber、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
まずは動画を見てみましょう。問答無用の愛らしさ。精巧なジオラマにも驚きますが、その上に敷かれたレールを、電車がくるくると走って回る様子がたまらなくイイ味を...
今日も一日がんばった。そして心身ともにヘトヘト…。そんな時、すこしかすれたような歌声ほど、胸にやさしく染み込んでくるのはなぜだろう? 今回は、そんな曲を5...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
電車よりも安い運賃で、音速で移動できると言われているチューブ型列車システム「Hyperloop」の新しい動画が公開されました。知っている人も多いかもしれま...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
電車って、意外に「人間の素」が出てしまう場所だと思う。なぜか気が緩んでいる人が多くて、見ていると結構おもしろいんですよね。だから、地下鉄に潜むモンスターの...