この電動スクーターとなら、電車旅だってできるかも

都市生活者にとって、乗り物の保管場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる電動バイク。省スペースな折りたたみ式スクーターです。

バッテリーの取り外しが可能で、室内や車内にも持ち込めるサイズ感になるのが目玉。

スマホで遠隔操作して、盗難防止用のロックをかけたりモーターを起動させたりできるスマートバイクとしての機能も便利そうですが、なによりそのコンパクトさが売り。ちなみに“Shibuya Gold”なんてカラバリも。

写真だけ見るとかなりスリム。実際に走っている姿は動画で確認を!

Top image: © Ujet S.A.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。麻繊維と樹脂を使って製造した電動バイク...
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイチイチ素敵。丸いライトも...
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
日本未進出だった世界第4位のスマホブランド「Xiaomi」が開発した、A3サイズまで折りたためるコンパクトなeバイク「Himo H1」について。
まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。一...
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
イギリスのバイクショップ「Death Machines of London」が、武士の甲冑をモチーフとした「KENZO」という名のカスタムバイクをリリース。
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
アメリカで逮捕されたティーンエイジャー。銀行強盗を理由に逮捕されましたが、その逃走方法に時代性を感じます。
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。