「ヒュンダイ」の軽量&コンパクトな「電動スクーター」がカッコイイ!

韓国の現代自動車(ヒュンダイ モーター)グループが先月26日に発表したのは、お出かけや旅先でクルマに乗るまでや降りてからが便利になる電動スクーター。

リチウム電池で駆動し、前輪にサスペンションが設けられているので、荒れた路面でもスムーズな走行が可能。持ち運びに便利な三つ折りデザインと約7.7kgという軽量&コンパクトな設計が特徴だ。

メーカーは、将来的にはヒュンダイや起亜など現代自動車グループの全車に搭載し、運転中に自動で充電もされるようになると伝えている。

今回発表されたヒュンダイのモデルや、先日紹介したアウディ「e-tron Scooter」など、クルマメーカー主導の提供が相次いでいる。2030年までに5000億ドル規模への成長が予想される欧米や中国の「ラストマイルモビリティ」市場も、こうした手軽な乗り物の拡充によっていよいよ現実味を増してきた感がある。

Top image: © Hyundai Motor
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
アウディが電気自動車「e-tron」の新モデルとして「e-tron Scooter」を発表。電動スクーターとスケートボードを組み合わせたような4輪のパーソ...
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
いま、世界中の若者から人気を集めている「ASMR」。ASMR動画を見て、「頭や背中がゾワゾワっするけどなんだか止められない!」と感じたことのある方も少なく...
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
このスクーターは、ボディそのものがフレームとして機能するモノコック構造。しかも、その素材として使われているのは植物。麻繊維と樹脂を使って製造した電動バイク...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
ヤフー傘下「Open Street」が原付バイクのシェアリングサービスをスタート。安定感のあるポップな三輪スクーターは、現在、東京の霞ヶ関、目黒、代々木上...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
まず、その見た目に胸がドキドキしませんか?まるでボートみたいなゆったり感。フロントバンパーやステップ、吸気口など、細かなところもイチイチ素敵。丸いライトも...
まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。一...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
一応はペニスリング、だけど、いろんな使い方ができるマルチプレイヤー!
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
先週の「東京マラソン」で初お披露目されたのが、輸入二輪車ブランドとして警察車両に初めて採用された「BMW Motorrad」初の電動スクーター「BMW C...
スマホに直接接続して使える電動シェーバー「Plug Shave」。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
アメリカで逮捕されたティーンエイジャー。銀行強盗を理由に逮捕されましたが、その逃走方法に時代性を感じます。
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...