ヒュンダイの「歩く」クルマ

クルマは走る。長きにわたって上の句と下の句の関係は確立されています。

ヒュンダイはこの常識を変えます。構想段階だとしても、エポックメイキングです。

発表されたのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様。トランスフォーマーのようなイメージといえば伝わりやすいでしょうか。

おかげで通常よりも行動範囲が広がります。津波や地震などの被害を受けた場所に出動したら、たくさんの人を救えるようになるかもしれません。

下の画像みたく、高齢者などが使えるタクシーとしても応用可能。もはやロボットと形容した方がしっくりきちゃいますね。

©2019 Hyundai Motor Corporation
他の記事を見る
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
NSX。エンジンをスタートした瞬間に“音”で存在感を表すのがスポーツカーですが、NSXは他と比べて静寂の一言。スーパースポーツの姿でも、静かな様子はスマー...
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
1月10日、オートバックスが展開するライフスタイルブランド「GORDON MILLER」が、オリジナルで手がけたクルマを発表。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
「2000N Pressed Shoe」というスニーカーのアッパー素材になっているのは、レザーでもなくスウェードでもなく、車のカーペットです。
大人として充実してきた今の生活に、プラスになる何かが欲しい!ってときに思いついたのがクルマ。お洒落で走りもいい「MINI」がやっぱりイイ!っていきついた。
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.15 「ランボルギーニ」イタリアにクルマ好きの農夫がいた。彼の夢はフェラーリを手に入れること。そのために死に物狂いで人...
ユニオン・ジャックの格好よさやスタイリッシュさを暮らしに欲しい。クルマで変革させるなら「MINI VICTORIA(ヴィクトリア)」。欲しいものをほどよく...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
タイヤが真っ白……。汚れないのかな?とすぐに気にしてしまう、それは野暮ってもんです。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「Moke Amphibie」は、水陸両用車。陸上モード時の最高時速は90km。しかも、四駆にもなるようだ。400ccの単気筒エンジンを搭載したポテンシャ...