集まるのが楽しくなる「ブランコ・テーブル」

「歳をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから歳をとるのだ」-George Bernard Shaw 

ブランコに最後に乗ったのは、いつだっただろう?「Swing Table」と名づけられたテーブルを見て、そんな問いが頭をよぎった。子ども時代、仲間と一緒にブランコで様々なゲームをあみ出した。あの柔軟な発想力は「遊び」によってインスパイアされた。

ブランコ・テーブル。うん、悪くない。これなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを呼んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に戻って、クリエイティブで斬新なアイデアも生まれそうな気がするのだ。

職人による
オーダーメイド制

「Swing Table」は、すべてオーダーメイド制。サイズは、4人、6人、8人、10人、12人用と5タイプからチョイス。テーブルトップは、淡いウォールナットと濃いオークの2色。

木のテーブルは、公園を思い出させてくれるのでワクワクしてくる。また、ランプの有無も選べるとのこと。最後にインドアで使うのか、アウトドアで使うのかを選択してオーダーメイドする運びとなっている。

作り上げるのは、イギリスの職人たち。なので、注文から納品までは、8〜12週ほどかかるとのこと。

価格は、参考までに4人用・ランプ無し・インドア用で約73万円。これを高いと考えるか、安いと考えるかは、あなた次第。さらに詳しい情報が知りたい人は、コチラから問い合わせてみよう。

Licensed material used with permission by Duffy London
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
使いたいときだけ登場する「サンカク」これを組み合わせると、ローテーブルに!
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
サンフランシスコに住む人たちにとって、身近な移動手段であるベイエリア高速鉄道(通称:BART)。毎日多くの乗客が利用するこのBARTの車内に、ある日突然ブ...
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感。