高度1,800mから、世界最大のブランコでスウィング!

誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい遠くまで飛べるかを友達と競ったりもしましたよね。

そんな、すごいブランコと聞いて思い出すのは『アルプスの少女ハイジ』のオープニングシーン。こちらは『空想科学読本』(柳田理科雄)によれば、36mのブランコだと推測され、時速68km/h、ハイジが乗るには怖すぎる!とのことですが、その空想をも超える男達の物語がこちら。

気球をつかった
世界一大きなブランコ

「レッドブル・スカイダイビング・チーム」のメンバー、マルコ・ヴァルテンシュピール、ゲオルグ・レットナー、マルコ・フルスト、ドミニク・ロイスマイアーは、とにかく“デカい”ブランコを漕いでみたいと思い立ちました。

彼らが用意したのは、5,900フィート(約1,800m)の上空に浮いた2つの気球。125mのロープの両端を固定し、そこに取り付けたシートに座って空中へと漕ぎだすのです。

つまり、125mのブランコ!ハイジを圧倒的に上回る「ビッグブランコ」のできあがりです。

振り落とされないように
必死だったよ!

プロジェクトを発案した、ロイスマイアーの感想が印象的。

「これは普通のベースジャンプやスカイダイビングとはまったく異なる体験でした。気球を飛び降りてからロープが伸びきるまでの間は自由落下ですが、ロープが伸びきると不思議な加速感があります。これは他では決して味わえない感覚。ブランコから振り落とされないようにするのが大変でしたよ」

またレットナーは、こうコメント。

「これは私たち全員が子どもの頃に描いた夢の実現です。高く、遠くまで漕いで、最後には飛び降りるんです」

終わってみれば
パーフェクトだった

ヴァルテンシュピールはプロジェクトが始まった時は本当にできるのか不安だったと言います。

「だけど、終わってみればパーフェクトだった」

このプロジェクトの成功には様々な条件が必要でした。まずは風のない完璧な天候、そしてロープのテンションを保つために、2つの気球の間隔を一定に保つことができる熟練の気球パイロット。そして4人のスカイダイバーたちの勇気。

ロイスマイアーが言うように、ベースジャンプともスカイダイビングとも違う、まったく新しいスカイスポーツが誕生したのです。

Licensed material used with permission by Red Bull Content Pool
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
スカイダイビングの疑似体験を地上でおこなう特別な装置がある。呼ばれ方はさまざまだが、円筒状の空間に強力なタービンを回転させて風を起こし、垂直に吹きあげる風...
サンフランシスコに住む人たちにとって、身近な移動手段であるベイエリア高速鉄道(通称:BART)。毎日多くの乗客が利用するこのBARTの車内に、ある日突然ブ...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
華氏800度の釜で焼き上げる表参道のナポリピッツァ専門店800 Degrees〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4-50http://800deg...
正式には「ウイングスーツ」と呼ばれている、とても危険度の高いエクストリームスポーツ用の装備がコレ。スカイダイビングのように上空からジャンプするが、ムササビ...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
フードビロガーのBrentさんのもとに届いたM&M'sの新フレーバー。キーワードとなるのは、ココナッツ、ハラペーニョ、そしてトフィー。彼のレビューに多くの...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
メンバーが1,000人いるバンドって!?
僕たちの生活の中で、1分間にできることと言えばなんだろう。カップラーメンですら3分かかる。そんななか「1分間に世界ではどんなことが起きているのか」という動...
阿蘇の雄大な自然を満喫できるアクティビティを紹介します。パラグライダー、サイクリング、ボルダリング、熱気球、ホーストレッキング、そのほかロープウェーなど。...
その名も「Dinner in the Sky(空中ディナー)」。2006年にブリュッセルの遊園地内で産声を上げたこのぶっ飛びレストランは、初めて設置されて...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
気球は空を高く飛ぶもの。そんな固定概念を覆すある試みがクロアチアで行われ、話題になっている。その名も、「地球内部への旅」。史上初めて、熱気球が洞窟の中に入...