高所恐怖症の人にはオススメできない「崖の家」

ガラス張りの壁からは、ターコイズブルーの川。そして、森が望める。自然に囲まれたロケーションにポツンと建つモダンなキャビン。こんな別荘なら、理想的な週末を過ごせるだろうな。

偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てられたとのこと。

でも、これだけは言える。高所恐怖症の人には絶対に向かないー。 

スリル満点の眺望 

Maralahは、「地震の間に生まれた人」という意味を持つネイティブ・アメリカンの言葉。そのネーミング通り、地震によって断層が動いて、岩の中から生まれてきたような印象を受ける。

カナダのカルガリー郊外、ボウ川を望む崖の上に建てられたクリフハウスは、岩石と調和して、景観の一部になっている。

◼︎キッチン&リビングルーム

建物は、比較的小さめの45㎡(約30畳)。だが、コンパクトにまとめられた室内は、狭さを感じさせない。ガラス窓に向かって、天井が傾斜している構造も部屋を広く見せているポイント。

◼︎ベッドルーム

特筆すべきは、リビングから階段を6段下りた場所にあるベッドルーム。真下に見えるのは川。宙に浮いているかのごとく、スリル満点の絶景が待っている。

◼︎シャワールーム・トイレ

シャワールームはガラスで仕切られていて、視界を遮ることがない。これも、広く見える工夫だ。絶景を眺めながらのシャワータイムは、都会のストレスを洗い流してくれるはず。

ちなみに、ちょっと分かりにくいが、白く囲われている部分はトイレ部分となっている。

建築を手がけたのは、斬新なデザインに定評のあるオランダのLaertis-Antonios Ando Vassiliou Architects。

サイド・アングルからは、空飛ぶカーペットならぬ、空飛ぶベッドルームぽくに見える。いろいろな意味で、忘れられない休暇を愉しめるだろう。

Licensed material used with permission by Laertis-Antonios Ando Vassiliou Architects, Instagram
小高い山の上にログハウスを建てて、湖を見下ろしながらのんびり、そんな別荘暮らしに憧れているなら、フェザント山中湖。アウトドア好きにもファンが多いBESSの...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!