高所恐怖症の人にはオススメできない「崖の家」

ガラス張りの壁からは、ターコイズブルーの川。そして、森が望める。自然に囲まれたロケーションにポツンと建つモダンなキャビン。こんな別荘なら、理想的な週末を過ごせるだろうな。

偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てられたとのこと。

でも、これだけは言える。高所恐怖症の人には絶対に向かないー。 

スリル満点の眺望 

D0d487f6822390e03813627ed22d258fa4dcb3cf

Maralahは、「地震の間に生まれた人」という意味を持つネイティブ・アメリカンの言葉。そのネーミング通り、地震によって断層が動いて、岩の中から生まれてきたような印象を受ける。

カナダのカルガリー郊外、ボウ川を望む崖の上に建てられたクリフハウスは、岩石と調和して、景観の一部になっている。

◼︎キッチン&リビングルーム

建物は、比較的小さめの45㎡(約30畳)。だが、コンパクトにまとめられた室内は、狭さを感じさせない。ガラス窓に向かって、天井が傾斜している構造も部屋を広く見せているポイント。

6639928455401d8b6cc976258981fd4f6b7974d3

◼︎ベッドルーム

特筆すべきは、リビングから階段を6段下りた場所にあるベッドルーム。真下に見えるのは川。宙に浮いているかのごとく、スリル満点の絶景が待っている。

12423fdee8e2e8b8f3e076bd9471ff1a566e84b32a69e83dba79d2c982525bcb5f98afbb42f56461

◼︎シャワールーム・トイレ

シャワールームはガラスで仕切られていて、視界を遮ることがない。これも、広く見える工夫だ。絶景を眺めながらのシャワータイムは、都会のストレスを洗い流してくれるはず。

ちなみに、ちょっと分かりにくいが、白く囲われている部分はトイレ部分となっている。

82884be6c485efa9557b76f73b17b70d793670c7

建築を手がけたのは、斬新なデザインに定評のあるオランダのLaertis-Antonios Ando Vassiliou Architects。

サイド・アングルからは、空飛ぶカーペットならぬ、空飛ぶベッドルームぽくに見える。いろいろな意味で、忘れられない休暇を愉しめるだろう。

C6e51166adaaf61eec9f49b7a0848431e0d8d4bd
Licensed material used with permission by Laertis-Antonios Ando Vassiliou Architects, Instagram
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
人生は、まるで旅のよう。「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
アイスランドで有数のトレイルコースに建つ山小屋です。先に言ってしまいますが、オシャレー!
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
ホテル?美術館?こんなモダンなデザインの建築物を見たら、そう思ってしまうのは、僕だけではないはず。これが、刑務所と知った時、絶句してしまった。
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
地中海の別荘、インターナショナル・スタイルの住宅から、板張りのファームハウスまで。国が変われど「真っ白な家」の魅力と人気は不動のものです。今回は、住まいに...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
ここは、アリゾナ州フローレンス。もともと別荘なんてありませんでしたが、休日に寄れる場所が欲しいと思っていたブラッドさんとジェイミーさん夫妻は、ないならつく...