飛び込みに人生をかけたエクストリーマーの舞い。「南極の崖からダイブしたい」

ムササビのようにウイングスーツで滑空するエクストリームスカイダイブ、バイクで空中回転するフリースタイルモトクロス、断崖絶壁の滑落にしか見えないダウンヒルマウンテンバイク…。エクストリームスポーツは死と非常に近い位置にある。それでも、エクストリーマー達は「世界初、世界一」を求めて、極みを目指し続ける。

必ずつま先から入る。じゃないと大ケガをするからだ。

F5dfa6741cb1d9fb5839056f0794645a16bc181c

この9月にボスニア・ヘルツェゴビナでおこなわれた「レッドブル・クリフダイビング」の第7戦は、モスタルという街にある世界遺産「スタリ・モスト」が舞台。高さ21.5mの橋の上に、さらに高さ6mの飛び込み台がプラスされ、男子27.5m、女子21.5mから、技を取り入れながら飛び込むもの。

鍛え尽くされた肉体美が、驚速で回転し、まるで大砲のような音と共に川面の中に消えていく様は、強烈のひとことだ。

C42784569e92452fe6064f4d49556ad9a12b2aaa6c904d86dc894b6e6780c1386ca640cec9ea79c7

27.5mの飛び込み台上は、おおよそオフィスビルで8階くらいの高さ。この高さからまともに衝撃を受けてしまうと、コンクリート壁に全力でぶつかりにいくのと同じ衝撃に相当する。

着水時に、できる限り棒形状になってつま先から入らないと、水面の衝撃が体を襲う。ほんのわずかに斜めで着水してしまうだけで、あざだらけになってしまうほど。ハイダイブでまず意識しなければいけない関門はここにある。もっと言えば、水で急激に減速をかけられる着水のタイミングでは、下半身と上半身の緊張と弛緩を使い分ける必要があるという。

加速度はモータースポーツを超える。

2ae70b3fe08d2f19dad4ca88a84c0d00d96c7914

タイトルを欲しいがままにしているトップダイバーのギャリー・ハントはこう語る。

「もちろん最初のうちは失敗ばかりだから、体中アザだらけになってしまうんだ。そうやって、何度も飛び込んでいくうちに、皮膚が鍛えられていって、少しの失敗ではアザができなくなってくる。俺たちの肌はキックボクサーの選手みたいなものなんだ」

彼らはこの競技に取り組むことを認められし、約50名の選抜。

「競技自体の内容はオリンピックのダイビングとほとんど同じだが、衝撃は桁違い。恐怖感を乗り越えたときに、感動がやってくる」

とギャリーは続ける。

彼はトリックのイノベーターであり、常に新しいことにチャレンジをし続ける。わずか3秒の間に、新しい技術を挟み込んでいく余地がまだまだ残されているという。現在の最大難易度のトリックは「後方2回転&5回ひねり」。もはや肉眼で追うのは困難。 

4d8aca936b646613e6a0c3ef98c580808869cb097238985c9397515f74a489f2f98108b9f5863eae52a0a7e36a97cc476a137d322680010a15d493dc

じつに最高速度90km/hまで加速する、わずか数秒の世界。この加速度は、ランボルギーニ・ムルシエラゴに匹敵する。極限の世界の中で、ダイバー達はおのれの美しさと未知への挑戦を競っている。

これは、地球との戦いだ。

9bf15e47a77a433b1dfe85145071158040677ee7410ff49d9a9c8278e3f31180cd3b851d32b5ba0759bd8171c1226100ec1324e49cd4a939acbfc7e9

ワールドツアーは、全9戦。過去のギャラリーは総計100万人を超え、一大エクストリームスポーツに発展したクリフダイビング。このスタリ・モストでの観客も20,000人をオーバーした。ボスニア・ヘルツェゴビナの観光地として有名な地ではあるものの、交通の便は著しく悪い。それでも、会場は大混雑を極めるほどの人気だ。

ダイバー達は飛び込み台の上から観客を煽り、ボルテージを高めていく。「俺は落ちることがすごく好きで、爽快感が好きなんだよ」とはこのクリフダイビングの第一人者であるレジェンド、オーランド・デュケの言葉。

「どんなに観客が多くても、どんなシチュエーションでも、飛び込み台の上では俺はゾーンに入る。そして何も聞こえなくなるんだ」

Dbebaec7464819a2209b49694018029422137e05

ゾーンに入るオーランド・デュケ。

F4c9217c998f3b230a071b3461903f7ce7727948

今回の飛び込み台である「スタリ・モスト」は、16世紀に建設され、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中の1993年に破壊された後、2004年に復元。平和の象徴として、同国になくてはならない、まさに「架け橋」として存在している。

このクリフダイブの面白いところは、彼らクリフダイバー達が世界中をまわってクリフダイブできるロケーションを探し「ここで飛んだらクールだろ!」という飛び込み台を設置し、ワールドツアーを世界中に見せつけているところだ。

「飛んでみたいのは、南極だ。南極でクリフダイブできたらクールだろ!」と、オーランド。偶然か、目下世界王者のタイトルをほしいがままにしてるギャリーも、南極で飛びたいと言い放つ。彼らはダイバー同士として競い合ってはいるものの、最終的にはどれだけエクストリームに飛べるか、を考え続けているのだ。

次戦は和歌山県の白浜町三段壁を舞台に10月15〜16日の開催。観戦エリア(無料)を設けると共に、観戦の船(有料)も運行されるとのこと。また、これらはRedBull TVAbemaTVでの中継も予定されている。

人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
厳しい環境のなか、南極の調査チームを魅了した謎の現象とは?
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
死の恐怖を前に人々が半狂乱になって踊り続ける──。中世末期ヨーロッパに流布した寓話『死の舞踏(La Danse Macabre)』に自らをなぞらえ、命知ら...
スカイダイビングの疑似体験を地上でおこなう特別な装置がある。呼ばれ方はさまざまだが、円筒状の空間に強力なタービンを回転させて風を起こし、垂直に吹きあげる風...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
東南アジアを旅していると、国がどこであれ、たいていの場所で寺院と出会う。さほど有名でなくとも、せっかくだから参拝して行こう、なんて気になるものだ。しかし、...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で頻繁に見つかる、いわゆる「おかず味噌系」の食べ物。その代表格と言えるのが金山寺味噌ではないでしょうか? なん...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
人生は、まるで旅のよう。「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life...
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
「あっ崖から落ちる!」と見る人が思わず口に出してしまいそうなスリリングな写真。実は、地面がとても近く、カメラの角度次第でどうにでもなるみたい。Instag...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
出てくるのは、新宿や渋谷の見慣れた街角ーー。日本トップレベルのパルクールチーム「URBAN UNION」が、ディレクター兼カメラマンに福井崇志を迎えた映像...