闇スポット第2弾。世界で最も危険な「湖」を集めました。

去年公開した「世界の闇島」に続き、今回は「世界の危険な湖」を紹介。

島は上陸不可能な場所を集めたけれど、湖はすべてが実際に行ける場所。この目で見たいという思いもあるけれど命の危険が伴うので、実際に足を運ぶのは相当な怖いもの知らずくらいでしょう……。

地球で一番暑い場所
【ダロル湖】

3039596ba082ab8b6e63d4e370261e20f077d7081ef6eb5b855389c904c68370967df4da76713bb6

エチオピアとエリトリアの国境付近にあるのが「ダロル地方」。ここは気温が57.8度にもなったことがあることから、人間が住む場所で最も暑い場所と言われています。暑さの理由は、海抜マイナス45m~50mに火口がある、世界で最も低いと言われているダロル火山があるから。

Geology.com」によると、地下水がマグマの熱によって温められ、地球内部のミネラルを吸収しながら地表へと浮上した結果、このような湖ができたらしい。硫黄、溶存鉄、泥、塩性の藻類の活動によってこんなにも毒々しい色になっているとのこと。

酸が強くて、毒ガスを吹き出すことがあるため、体に害をもたらす危険があるそうです。

25万人を飲み込んだ
【バイカル湖】

F67f14d92cd01b8685958fc8b3c1da7576fef59d

世界で最も古い湖として知られているのが、この「バイカル湖」。水深は1,643mで、深さも世界一。水質にかなり特徴があって、氷の下には多種多様な生物がうようよしているのだとか。落ちた時のことを考えると、恐ろしい。

ロシア革命で、赤軍に追われていた白軍がこの湖を渡り終える前に凍死してしまい、約25万人が亡くなったと言われています。遺体はそのまま湖に飲み込まれ海底へ。景観を見て「絶景スポット」と呼ばれることもあるけれど…。

人を狂わせる魚が生きる
【センタルン湖】

インドネシアに位置するこの「センタルン湖」には、絶滅危惧種の魚が生息していることで有名です(今は確認できないほど数が少ないですが)。その魚がこちら、レッドアジアアロワナ。

8d2815e4c70c186757a2e00cf97d22c6c42fc395

National Geographic」によると、恐竜の時代から生息していて、食物連鎖の中では凶暴な捕食者。そのうえ繁殖が遅いことから、国際取引が禁じられるようになりました。すると途端に価値が上がり、違法な取引が増えてしまったのだとか。1匹1,000万円以上の値がついたことも。

今では最も高価な観賞魚となっています。この価値に目が眩んで、罪を犯す人が後を絶たないようです。

このあたりには先住民族のイバン族がいて、彼らは首狩り族として恐れられてきました。今でも首を狩る文化なのかはわかりませんが、周辺を取り締まっているため、密漁を疑われると命を狙われるという噂があります。

命を蝕み続けている
【イジェン湖】

A1cd33c80dc55f6fab3b2dbcdb86366e0a057b93

インドネシアにあるこの湖は、霞みがかっていて幻想的……に見えますが、数々の命を奪ってきた恐ろしい場所です。もくもくと立ち上がっているのは有毒の硫酸ガスで、通称「死の湖」。吸い込んだら呼吸困難、最悪の場合は死に至るほどの酸の強さで、近づくのはかなり危険と言われています。

火山の中にあるため、大量の火山ガスが溶け込んでしまい今の状態になったのだとか。

68df6d6e638dfbc1ade4868a0654004b6ff3691d

Geology.com」を見て、こんな火山で、現地の労働者が硫黄の採掘を行なっているという話に目を疑いました。水爆発が起き、多くの労働者が亡くなったこともあったそうです。

もしも湖に落ちたりしたら、跡形もなく溶けてしまうでしょう……。

危険すぎて物理的に人間が足を踏み入れることのできない"隔離された場所"』をわんさか見つけてしまいました。今回はその中でも、本当に足を踏み入れることができな...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
世の中には多くの職業が存在するが、中でも危険とされるものを「The Infographics Show」が紹介している。以外な職業の名が上がっている。また...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
カラフルでハッピーなインスタ映えを意識する写真が増える中で、Mimmi Strinnholmは「闇」のある写真を公開し続けている。彼女の魔女をイメージさせ...
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
FRANK DIAMONDの写真は、おとぎの国のような美しさや物語がある。でも、彼の生み出す世界は、すべて“闇”を感じてしまう。乙女たちと白馬の王子様との...
鼻の先が凍るような、極寒の地。コンドルの声が上空で響き、多様なアンデスの動植物の息吹が、かすかに息づいている。標高4,600m。息をのむような美しい氷河湖...